第10回公演/グローブ・ジャングル

「グローブ・ジャングル」2

第10回公演/グローブ・ジャングル 虚構の稽古場Blog 2014年3月4日

 

あったかくなったり寒くなったり忙しいですね。
気温の変化についていくのといつまでマフラーしてるか手袋してるか悩む時期ですね。
小野川晶です。
本日の稽古は読み合わせ。
そして人狼。
最近舞台にもなってる人狼です。
ちょっと読み合わせ前にやってみようということではじまりました。
人狼とは、村人になりすましている狼を話し合って探し出していくゲーム。
市民チームと人狼チームに分かれ、会話をしながら相手の正体を見抜いていく。
人狼チームは、誰が人狼の仲間か知っていて、自分たちが狼であることを悟られないようにしながら市民を食べ生き残る。市民チームになった人は、お互いに協力して誰が人狼なのかを推理し、多数決によって容疑者を処刑する。
そんな感じ。詳しくはhttp://7th-castle.com/jinrou/rule.php
はじめてやる人が多く、最初はギクシャクしながらも進んでく。
喋りすぎると処刑される。
どうしても翔大が素直すぎる。
翔大はこのゲームを以前参加したお芝居の稽古で毎日1時間やってたそうです。でも全てばれてしまいます。
何回かやると、だんだんその人のくせがわかってきたり、人狼をやった人は次の回でなんか怪しく見えたり、難しい。
最後の回が、人狼が鴻上さん、三上、小沢だったんです。なんかうまーくやるんですよね。人狼の勝ちでした。みっちーが信じてくれたから信じたのに。うまく騙されました。
きっと人狼はお芝居の稽古になるんです。
というか今日の稽古は人狼がメインになってたような気もしてきてしまう。
まぁそんな日もありつつ、1ヶ月がんばってまいりますよ!
写真は人狼やってる時に撮り忘れたので、人狼やってる風をお願いします。と言ってやってもらった。

 


「グローブ・ジャングル」1

第10回公演/グローブ・ジャングル 虚構の稽古場Blog 2014年2月28日

『グローブ・ジャングル』2014年版の稽古が始まりました!
去年の秋、エゴ・サーチぶりのブログですね。
こんにちは、小沢道成です。
この『グローブ・ジャングル』という作品は、6年前に旗揚げ公演として上演したものです。
それを2014年版としてもう一度息を吹き込みます。
稽古初日のきのう。
まずは初演の台本をそのまま読んでみようということから始まりました。
面白いもので、その当時はピンとこなかった事が、やけにしっくりとくる。
2008年に上演されたものなのに、今の時代になって、より共感できることが多くなってるというか。
6年でどんどん進化していってるものと、6年経っても変わらずずっと漂ってるもの。
それがこの台本にありました。
どう新しく変化していくのか、楽しみです。
そして今回のゲストお2人、オレノグラフィティさん、根本宗子さん。
新しい空気感がすでに稽古初日に流れていました。めっちゃ楽しみ。
ずっと観ている「劇団鹿殺し」も、この間拝見した 月刊「根本宗子」僕、大好きなんです。

はやくお芝居やりたい!

変わらないものも、深まったこと進化したことも、全てを楽しみ尽くす。
今の僕たちだから出来る『グローブ・ジャングル』をつくりたいと思います。
春4月、どうぞ楽しみにしていてください^ ^
小沢道成

1 2 3 4 5