第2回公演/リアリティ・ショウ

リアリティ・ショウ 本番4日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月17日

そんなわけで、三回目のブログが回ってきました。
んで、ちょうど、みんなで三回書いたので、今日でブログは終わりだそうです。

12月12日に始まった『リアリティ・ショウ』も、あっという間に半分、過ぎました。
紀伊国屋ホールさんでできることは、劇団員一同、とても感動しているのですが、ひとつだけ困ったことがあります。 それは、旗揚げしたばかりの劇団は、まだまだ認知度が低く、作品の評判でお客さんを呼ぶしかないわけです。
ということは、長い期間、やればやるほどお客さんがきてくれる可能性が、(あ、もちろんいい評判が前提ですが)あるわけです。が、紀伊国屋ホールさんは大きいので、9日間ほどしかできないのです。で、後半、お客さんが見たいなあと思っていただけた頃には、終わっている、という可能性があるわけです。

もうひとつ、小さな小屋だと、多くのステージ数が必要となって、俳優はやればやるだけ、力が抜けて、楽になって、演技が上達するのですが、今回は、10ステージ(これでも、旗揚げ二回目の劇団としては充分、多いのですが)しかないので、俳優は、急いで上達する必要(?)があるのです。

というわけで、今週の土曜日以外は、まだ比較的楽にチケットが取れるようです。
開演の7時少し前にふらっと寄っていただいても、平日は大丈夫だと思います。
あ、もちろん、直前web予約が確実ですね。

月曜日、明日は休演日だということで、飲み会をしました。僕の目の前には三上陽永がいました。
隣には、大久保綾乃がいました。
話は、「きょうも陽永はセリフをかんだ」ということに、自然になりました。この話題はよく自然になります。綾乃が、さんざん、陽永に突っ込み、鴻上がうなずいていると、陽永は、涙目になりながら、「鴻上さん。少しは僕をほめることはないんですか。僕は鴻上さんに言われたダメ出しのなかで、いい部分だけを必死で探して、それが生きる希望になってるんです。ちょっとは僕をほめようとは思わないのですか?僕をほめる気はないんですか。どうして僕をほめひゃいのれすか」と、最後は、かんでいました。

その瞬間、横で綾乃が「あ~あ」と深い溜め息をつきました。

では、劇場でお待ちしています。んじゃ。
17-12-08_1645.jpg


リアリティ・ショウ 30日目:初日

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月13日

どうも。

山崎の雄介です。

本当にみなさんのお陰で人数は欠けてしまいましたが、無事ではない初日を迎えることが出来ました。

本当にありがとうございます。

と、冗談はさて置き、ついに第二回公演を紀伊國屋ホールにて無事に皆様のお力添えのもと開幕しました!

『美里』
よーえーが持ってきたと思っていた林檎が実は裏ボスからの支給品だったり。

『晶』
ない。

『べー』
飲みに行って山崎と衣装さんとみんなボッタクられた。

『なつき』
山崎の髪型が変にセットされてて面白かったです。

『一輝』
電車で倒れそうになった。

そんな初日でした。

また明日からもよろしくお願いします。
13-12-08_2148.jpg


リアリティ・ショウ 29日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月12日

12月11日

約1ヶ月、みっちりと濃密な稽古をやってきた。

明日から幕があく。

今日は、ゲネプロをした。
照明、音響、全て本番と同じ、通しみたいなもの。
劇場に入ってから初めての通しだったので、みんな少しずつ緊張し始め
てるのが分かる。
明日からは、お客さんも入って、また今日とは違う緊張感がくるんだろ
うな。
とにかく楽しみでしょうがない。と同時にどきどき。

12月は忙しい時期だから、なかなか来れない人もいるんだろうな…。
新宿なので、ちょいと時間があったら、ちょいと覗いてくださいね。

あぁ、眠れなさそう。

さっきみんなと別れ際に、夢の中での通しで会おう、と言い合って別れ
た。
まだまだ確認することもいっぱい。

明日が楽しみだ。
眠れるかしら。

ちなみに、明日のブログ担当は、ヤマ。
初日の感想を書いてくれるだろう。

今日のお弁当の味が忘れられない。

それでは、劇場で会いましょう。(鴻上さん流)

小沢道成でした。
PC110094.jpg


リアリティ・ショウ 28日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月11日

高橋奈津季です★
役者が劇場入りしてから2日目。
楽屋はおのおのの味が出てきました。
全体がピンク色な人、ドラえもんが異様に目につく人、
常に食べ物を隠し持っている人、小綺麗に整理されて抜け目のない人。
女子楽屋です。
さて、誰がどれなんでしょうか。

そして、写真は今回もスタッフとして手伝ってくれる演出部のトリトリ。
前回のグローブジャングルで私が紹介しました。
だから今回も。
トリトリはとてもしっかりしています。
年下だけど頼りっぱなしです。
でも時々かわいらしいミスをしたりします。
写真なんてトイレの前でチリトリを高々と掲げてますからね。
トリトリチリトリトリトリチリトリトリトリチリトリトリトリチリトリ……!?
目がおかしくなりそう!!!!
10-12-08_2344.jpg
今日は1日場当たり。
音響、照明、舞台装置、立ち位置…全ての確認作業。
“きっかけ”を把握していく。
稽古の段階で決めてはいるが、やはり劇場に入るとその型にすんなりはまるわけではない。
稽古場とは違う動きになったりする。
それをしっかり頭に入れ進めていく。
間違えたら、えらいこっちゃ!!家に帰ったら復習しなくちゃ!!
場当たりをするとやっぱり焦ります。

明後日にはお客さんの前でやっているんだと痛感させられました。


リアリティ・ショウ 27日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月10日

どうも、三上陽永です。

実は昨日私がブログ当番だったのですが、いきなり携帯が壊れてしまいまして・・・
いや、本当なんです!
かなりビックリしましたし、もの凄く凹みました。
携帯を開いたら、画面が真っ暗。
どうしたのかなぁ~と思いつつ電源をつけなおすと・・・うん!?なんだこれ?

画面がグヂャグヂャ!なんかファミコンのバグったみたいな感じに。

やばいかなぁ~とは思ったけど、やっぱり全データが飛んでいた。

全部だよ!!

ありぇねぇ~・・・
データのバックアップもしてなかったので、現在誰の番号もメルアドもわからない状態。

これは恐ろしいよ~本当に恐ろしい。

携帯のデータバックアップは、必ずやるべきです。

・・・と、まぁ自分の話ばかりですんません。

虚構メンバーはですね、紀伊國屋ホールの楽屋に入りまして、早速陣地合戦。
といっても、さすがに三度目ともなるとすんなり決まる。

俺はまたしてもかずきの隣。ま、一番落ち着くからね。
さてさて、場当たりも始まり、いよいよ本番ムード!
紀伊國屋の一階に、特大のリアリティ・ショウポスターが!おぉ~・・・
09-12-08_2354.jpg


リアリティ・ショウ 25日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月8日

どうも、朝と夜の急激な気温の変化に未だ順応できておりません、杉浦一輝です。

今日はシーンを抜き出して稽古したあと、いつもより早めに通し稽古をやりました。

本番まであと5日と迫っているのに、稽古場の雰囲気は明るく、
なかなか楽しげムードが漂っています。
「お前らは芝居をナメてるのか、それとも余裕があるのか?」
と突っ込むのは鴻上さん。
いやいや、そんなこたぁないのです。

そんな鴻上さんもよく鼻歌を歌っていまして、
今日は芝居で使うオープニングの曲を歌ってたらしいのですが……、
ある方の話によれば、歌詞を間違って覚えてしまっているらしく、
一発目の歌詞がすでに間違ってるとのこと。

うん、知識豊富な鴻上さんでも間違いはするのだなと、なんだか嬉しくなった今日この頃。

そして時間というのはあっとゆう間なもので、
今日は稽古場につくった舞台装置をすべてバラバラにして、紀伊國屋ホールへ搬入しました。

ちゃんと働く者、盗っ人のような動きをする者、ドアの死角に隠れる者、
怒鳴られる者、モップのかけ方が異常に荒れてる者、散髪に行ってしまった者、
AV撮影会みたいな声を上げてる者。

いろいろいますが、これぞユニークといっていいのでしょう。
ユニクロTシャツと張るくらいユニーク。

そしてついに足を踏み入れました、紀伊國屋ホール。
下見ではなく、今度は自分たちのやる番として。

それは下見の時とはまた違った緊張感が広がっていて、
ここでやる嬉しさ、興奮、やる気、焦り、不安、etc……が
ボァッと体に染み渡っていきました。
気になるニキビなんて吹っ飛んじまうくらいです。

いや、頼むから吹っ飛んでくれ。

写真は音響を担当してくださる堀江さんと陽永。

あぁ、こりゃ頬骨砕けたな……。
08-12-08_0956.jpg


リアリティ・ショウ 24日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月7日

突然12月6日の稽古場ブログを指名された。
どうも小野川晶です☆

只今12月7日AM1:14。

あやのちゃん、稽古終わって約4時間経ってるよ?

あやの、フリーダム。。
そのフリーダムさがおもしろくて素敵です。
….そういえば、旗揚げ準備公演の時もあやのからブログ回ってきて。
『晶』を『昌』ってあやのが書いて、おいおい~!!ってなってたことを思い出した。
思い出しついでに書いてみた。

12月6日。
今日はいつも通りダンス練習からスタート☆
そして細かくシーンの稽古。
そして….

初めての

衣装付き通し。
衣装がつくとテンション上がりますね☆
通し開始5分前くらいにみんなワサワサと鏡の前に行き、
髪型、衣装をととのえる姿がなんだか可愛らしい。
ちょっと離れたところから見てたのでなんだか親になった気分を味わいました。
衣装がつくとやっぱりいつもと違った風景が広がり緊張します。
衣装に慣れることも必要なのかもしれないななんて思ったり。

ワクワクする感じになってきてますね☆
ここからも手を抜かずにね。
安心せずにね。

あと5日後には幕があいてるんですよね。
わぁ~まだまだ稽古したい!!!
不安。だけど楽しみでもある。
思いっきり楽しんで出来るようにラストスパート頑張ります!!!

写真はあやのがすいませんとあやまった瞬間☆笑
07-12-08_1121.jpg


リアリティ・ショウ 23日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月6日

3週目回ってきました
あやのです。
今日は衣装合わせから始まりました。
3度目の正直。いつも彩りの可愛い衣装たちが並びます。
無事に全員決定が出てあとは役者たちがそれぞれ自分に合った靴を探します。
以外と靴って難しいのよね。
履いた時のシルエットはもちろん、芝居に差し障りがなく、ダンスも出来て。
だけど素敵に。
いつも悩み悩み探し回る。イメージに近いものがなかなかない。
だけど靴は本当に大事な衣装。諦めずねばる。
明日もねばる。
見つかるまでねばる。
劇場に入るまであと2日。芝居もねばる。
もがく。ぎりぎりにうまれてくるものがきっとあるから。
ひたすら通し稽古の毎日なのらー!

写真は…
稽古後にご飯を食べに行った時の山崎ちゃんと三上ちゃん。
稽古場ではお互いツッコミあってはダメ出しあっているけど、なんだか仲良さそうです。

男子って単純。

その単純さが微笑ましく
羨ましいと思うのであります。
081206_2221~01.jpg


リアリティ・ショウ 22日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月5日

3回目もやはりべーから回ってきました。
宣伝マスコット候補の小名木です。

私、先日右の奥歯を抜きました。
抜歯してからすぐは義歯を入れられないので穴がポッコリ開いていて、
とにかく食べ物が詰まる詰まる。(汚い!)
歯ブラシがお友達です。

さて、今日は4回目の通しがありました。
客入れの時に流す予定の音楽を聞いて、
何故か1人テンションが上がっていたようえい兄ちゃん。

前回・前々回のブログに書かれていた通り、
細かなセリフのカットで時間調整をしたので、
2時間を越さずに1時間58分28秒で通しが出来ました^^
やったね(`∀´)!☆
あとはテンポで時間を調整していくだけ。

4回目の通しを終えて、やっと”役として”というより、
役としてではあるけど”一人の人間として”舞台上での旅が出来る様になってきたと思います。

人類にとっては小さな一歩。
小名木にとっては小股で三歩。
そんな感じです。

常に向上心を持って旅を続けていきたいです!

写真はあきとなつき。
セーラームーン風なショットです。

カシャッ!

小「お、可愛い~♪」
あ&な「見せて見せて~!…あ、可愛い~♪」

…(^ω^#)

うん。確かに可愛いです。

この可愛らしい凸凹コンビは仲が良く、
お互いを「デカい!」「小さい!」と言い合ってはキャッキャしてます。

微笑ましいね♪

稽古場ブログも3周目に突入したという事で、
私がリアリティ・ショウの稽古場ブログを書くのも今回で最後になると思います。
稽古期間は長いようであっという間で、
稽古場にあるカレンダーを見る度に本番はすぐそこに来ているんだなぁと実感します。
でもそれは不安なのではなくて、楽しみな気持ちの方が大きいです☆
待ってろよ!紀伊國屋ホール!

…よし。
誤字脱字は無いなっ。
こういうのもチェックしとかないと、またヘキサゴンって言われちゃう…。

では、劇場でお会いしましょう☆

★小名木美里★
05-12-08_0146.jpg


リアリティ・ショウ 21日目

第2回公演/リアリティ・ショウ 2008年12月4日

そんなわけで、二回目のブログが一巡し遂に三回目のブログに入りました。
渡辺ことべーです。
三周目が終わる頃はもう初日を迎えていますね。ぬぉ!!
そんな初日が迫った12月だというのにこの昼間の暖かさは凄いですね。
そういえば去年の今頃はたしか「旗揚げ準備公演」をやっていました。
んでやはり暖かな12月だった記憶があります。
一年はあっという間です。

さて昨日で三回目の通しが終わり、通せば通すほど全体のスジも見えてきました。
そして通しの終わった次の日、コウカミさんよりセリフカットの儀式があります。
昨日のブログでも述べていたように本当に細かいカットが入ってきます。
でもそれよりも驚いたのが、エンディングのシナリオが大胆にもごっそり変わる事でした。
第三舞台の頃は度々あったのでしょうが、虚構の劇団では三回目の公演にきて
遂に!ってな感じです。
こりゃ確かにコウカミさんの「タイムリーに感じた事を芝居にしたい!=劇団やるぜ!」
って意気込みを感じますわ。
このエンディングは是非劇場で!乞うご期待下さい!!

さぁ今日も今日とてシーンの稽古。今日はシーン1からまた振り返りながら進みます。
シーン1に戻るのもこれで三回目になります。
そういえば今日、振付けの安達先生が来て、ダンスの細かい所をチェックするのも三回目の気がします。三回目尽くしですね。このブログを書いている今日も12月3日だし…。

よし、んじゃ3という数字にちなんでトリッキーな3人組を紹介しておきます。
昨日のブログに登場したカズキは言わずもがな。
そして今日の僕の画像の餌食になって貰ったミサト。
この二人、虚構の劇団のヘキサゴンとかポケモンとか、それとなく 皆に可愛がられています。
んでこの二人のお兄ちゃんが後ろに立っているヨウエイです。
取り敢えずブログのネタに困った日には、この3人組のうちの一人を追っておけば何とかなるのです。リアリティショウのブログを振り返ってみれば、流石お兄ちゃん!
ヨウエイの画像出演率たかいです!
この3人組が「虚構の劇団」の宣伝マスコットになればいい。と僕は思う。
08-12-03_21-07.jpg


1 2 3