「ドン・キホーテのピアス」(週刊SPA! 9/1号より)

次回公演 第11回「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜」 2015年8月25日


虚構の劇団「ホーボーズ・ソング〜スナフキンの手紙Neo〜」当日運営ボランティアスタッフ募集!

当日運営スタッフ募集 第11回「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜」 2015年7月29日

「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG〜スナフキンの手紙Neo〜」当日運営ボランティアスタッフ募集!

虚構の劇団 第11回公演「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜」の公演期間中、ロビーの運営をお手伝いしてくださる方を募集しています。
舞台制作に興味のある方、
舞台の裏側をのぞいてみたい方、
池袋近辺にお住まいで時間に余裕のある方、
一緒に公演に参加しませんか?
未経験の方も大歓迎です!ご応募お待ちしています。

■募集人数:各回5~6名(18~30歳くらいまでの方、未経験大歓迎。)
■時間:各公演の開演1時間半前から終演後約1時間
公演スケジュールは、こちら

☆大阪公演のボランティアスタッフも、大募集中です!☆

【作業内容】
チケットもぎり、チラシの配布、チラシの折込、お客様のご案内、物販等です。

【ボランティアスタッフ参加お申込み方法】
件名を「虚構の劇団ボランティア希望」としたうえ、
本文中に、以下の内容を書いて、kyokou@thirdstage.com に メールでお送りください。
お名前、年齢
連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
簡単な自己紹介・応募動機
参加可能日程

参加可能日程調整後、こちらからお願いしたい日時をメールにてお知らせいたします。
なお、募集人数になり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

ボランティアスタッフ募集についてのお問合せ
虚構の劇団/サードステージ(担当:福岡)
TEL:03-5772-7474(平日11:00-18:00)
kyokou@thirdstage.com


第11回「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜」

今までの公演 公演情報 次回公演 第11回「ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜」 2015年6月17日

「ホーボーズ・ソング〜スナフキンの手紙Neo〜」全公演終了いたしました!
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

—————————————————————————————————

 

虚構の劇団 第11回公演
ホーボーズ・ソング HOBO’S SONG 〜スナフキンの手紙Neo〜

作・演出 鴻上尚史

CAST
小沢道成 小野川晶 杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博 森田ひかり 木村美月

オレノグラフィティ 佃井皆美

池之上真菜 梅津瑞樹 熊谷魁人 佐川健之輔


ホーボーズ・ソングとは、さすらう人達の歌。
はみ出し、弾き飛ばされ、飛び出し、居場所をなくし、居場所を追われ、居場所を捨てた人達を歌う歌。
あるいは、ホーボーと呼ばれた人が歌う歌。
例えば、賛成派と反対派に分かれて内戦を続ける日本があったとしたら。
そこで、ある男に与えられたミッションは、捕虜を尋問し秘密を聞き出すこと。
口を割らなければ拷問しろと言われて目の前に現れたのは、かつての恋人だった。
沈黙する恋人に、男は二人きりの取調室で混乱した。
監視カメラのレンズが光っていた。

 

★最新情報★

●9/19 愛媛新聞に記事が掲載されました!記事はこちら

●9/12 インタビューが掲載されました!
ぴあ関西版WEB「エネルギーを渡せる作品に」 鴻上尚史が主宰する虚構の劇団が 現代を照射した約3年ぶりの新作を上演!

●劇評が掲載されました!
産経新聞・産経ニュース 【観察眼】鋭い時代認識、役者の演技も熱く 虚構の劇団「ホーボーズ・ソング~スナフキンの手紙NEO」

●「ドン・キホーテのピアス」(週刊SPA! 9月1日号)鴻上尚史連載エッセイ「平均年齢25歳の劇団員を見ていて思う 考えること、成長すること」記事はこちら

●インタビュー記事(鴻上尚史)鴻上尚史率いる「虚構の劇団」の新作はさすらう日本:チケットぴあ

●インタビュー記事(鴻上尚史)鴻上尚史、最新作は内戦状態の日本:Lマガ

●アフタートークショー開催決定!詳細はこちら

 

みなさまの感想をまとめました!togetterまとめ「ホーボーズ・ソング〜スナフキンの手紙Neo〜」

 

チケット発売開始:7月18日(土)10:00〜<全公演共通>

公演スケジュール


※開場は開演の30分前です。 
※未就学のお子さまはご入場いただけません。
※当日券は開演1時間前より劇場受付にて販売いたします。

★印の回の上演後、アフタートークを開催します!!

8/26(水)、8/27(木)、9/1(火)(東京公演)の上演後、アフタートークを開催します!

8/26(水)19時〜の回:ふじいあきら (マジシャン)× 鴻上尚史

8/27(木)19時〜の回:根本宗子 × オレノグラフィティ × 小沢道成 × 鴻上尚史

9/1(火)19時〜の回:佃井皆美 × 小野川晶 × 鴻上尚史

劇場
東京芸術劇場シアターウエスト [地図]
チケット
4,500円(税込/当日・前売共通/全席指定)

★当日券予約★
1時間前に劇場にこなくても、並ばなくても、予約をしておけば、劇場受付にて当日券を購入いただるシステムです!
公演前日の
お昼12時〜開演3時間前まで当日券をご予約いただけます。
(予定枚数に達した場合は受付を終了いたします。劇場受付には開演10分前までお越しください。
10分を過ぎてしまうとご予約がキャンセルいたします。)

お申し込みはこちら

プレイガイド(チケットぴあ)で当日引換券販売中です! お申し込みはこちら

チケットぴあ http://pia.jp/t/kyokou/(パソコン・携帯)
7/18発売日特電: 0570-02-9552
7/19以降: 0570-02-9999(Pコード: 445-069)
ローソンチケット http://l-tike.com/kyokou (パソコン・携帯)
7/18発売日特電: 0570-084-645
7/19以降: 0570-084-003(Lコード: 34909)/0570-000-407(オペレーター)
イープラス http://eplus.jp/kyokou/(パソコン・携帯)
東京芸術劇場ボックスオフィス
0570-010-296(休館日を除く10:00〜19:00)
http://www.geigeki.jp/t/(PC) http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)
[窓口] 東京芸術劇場1階アトリウム内インフォメーション/ボックスオフィス(休館日を除く10:00〜19:00)

特別学割予約
学割チケット(3,500円・税込)をご予約いただけます。
こちらはご予約のみでお支払いは当日劇場にてとなります。お席は選べません。

チケットに関するお問い合わせ
サンライズプロモーション東京 TEL 0570-00-3337(10:00~18:00)
助成
文化庁文化芸術振興費補助金
(トップレベルの舞台芸術創造事業)
主催サードステージ


※開場は開演の30分前です。 
※未就学のお子さまはご入場いただけません。
※当日券は開演1時間前より劇場受付にて販売いたします。

劇場
近鉄アート館 [地図]
チケット
4,500円(税込/当日・前売共通/全席指定)

チケットぴあ http://pia.jp/t/kyokou/(パソコン・携帯)
0570-02-9999(Pコード: 445-470)※月・火26:30〜29:30はメンテナンスのため受付休止
セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
ローソンチケット http://l-tike.com/kyokou(パソコン・携帯)
0570-08-4005(Lコード: 57294)/  0570-00-0407(オペレーター/10:00〜20:00)
ローソン店内Loppi
イープラス http://eplus.jp/kyokou/(パソコン・携帯)
ファミリーマート各店舗
近鉄アート館チケットセンター
0570-023-300(オペレーター対応/10:00〜18:00)
http://cncn.jp/art-kan/

特別学割予約
学割チケット(3,500円・税込)をご予約いただけます。
こちらはご予約のみでお支払いは当日劇場にてとなります。お席は選べません。

チケットに関するお問合せ
キョードーインフォメーション TEL 0570-200-888(10:00~18:00)
提携近鉄アート館
助成
文化庁文化芸術振興費補助金
(トップレベルの舞台芸術創造事業)
大阪市
主催サードステージ


※開場は開演の30分前です。
※未就学のお子さまはご入場いただけません。
※当日券は開演1時間前より劇場受付にて販売いたします。

劇場
四国学院大学 ノトススタジオ [地図]
チケット
一般:3,000円(税込/当日・前売共通/全席自由席)
学生:2,000円(税込/当日・前売共通/全席自由席)

四国学院大学 パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
[ ご予約 ] チケット購入サイト: http://www.notos-studio.com/ticket/
こちらのサイトをご覧いただくか、下記問い合わせ先までご連絡ください。
FAX: 0877-62-2324 もしくは、 Mail: sipa@sg-u.ac.jp
でご予約いただけます。
[ 窓口 ] 四国学院大学 パフォーミング・アーツ研究所
香川県善通寺市文京町3丁目2番地1号 ノトス館2階
(受付時間:10:00〜18:00 土日祝を除く)

チケットに関するお問合せ
四国学院大学 パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
Tel/Fax:0877-62-2324 (10:00~18:00 土日祝を除く) Mail:sipa@sg-u.ac.jp
■主催■ 四国学院大学


※開場は開演の30分前です。 
※未就学のお子さまはご入場いただけません。
※当日券は開演1時間前より劇場受付にて販売いたします。

劇場
あかがねミュージアム 多目的ホール [地図]
チケット
前売:3,000円(税込/全席指定)
当日:3,500円(税込/全席指定)

チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1529756(パソコン・携帯)
0570-02-9999(Pコード:445439)
ハートステーション
[窓口] プレスポ西条(10〜19時)
[窓口] イオンモール新居浜1F(9〜19時)
[窓口] 新居浜テレコムプラザ1F南側(10〜19時、土日祝は17時まで)
[電話] 0120-642-246(9〜17時)
あかがねミュージアム
0897-31-0305(9:30〜17:00 月曜休館日を除く)

チケットに関するお問合せ
ハートネットワーク 0120-642-246 (9:00〜19:00)
あかがねミュージアム 0897-31-0305 (9:30〜17:00 月曜休館日を除く)
主催あかがねミュージアム運営グループ


※開場は開演の30分前です。 
※未就学のお子さまはご入場いただけません。
※当日券は開演1時間前より劇場受付にて販売いたします。

劇場
内子座 [地図]
チケット
S席:3,500円(税込/当日・前売共通/全席指定)
A席:3,000円(税込/当日・前売共通/全席指定)

★当日引換券、チケットぴあ、イープラスにて販売中です!

★当日券予約★
1時間前に劇場にこなくても、並ばなくても、予約をしておけば、劇場受付にて当日券を購入いただるシステムです!
公演前日のお昼12時〜開演3時間前まで当日券をご予約いただけます。
(予定枚数に達した場合は受付を終了いたします。劇場受付には開演10分前までお越しください。
10分を過ぎてしまうとご予約がキャンセルいたします。)→お申し込みはこちら

チケットぴあ
http://pia.jp/t/kyokou/(パソコン・携帯)
0570-02-9999(Pコード:445-211)
ローソンチケット http://l-tike.com/kyokou(パソコン・携帯)
0570-084-006(Lコード:69458)
0570-000-407(オペレーター)
イープラス http://eplus.jp/kyokou/(パソコン・携帯)
南海放送チケットセンター、EBCチケットセンター、いよてつ高島屋、デュークショップ松山店
内子町町並・地域振興課 0893-44-2118(平日8:30〜17:00)
内子座 0893-44-2840(9:00〜16:30)

特別学割予約
学割チケット(2,000円・税込)をご予約いただけます。
こちらはご予約のみでお支払いは当日劇場にてとなります。お席は選べません。

チケットに関するお問合せ
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)
■助成■
文化庁文化芸術振興費補助金
(トップレベルの舞台芸術創造事業)
■主催■サードステージ

 

STAFF
美術:池田ともゆき
音楽:HIROSHI WATANABE
照明:伊賀康
音響:原田耕児
振付:関川慶一
ヘアメイク:西川直子
衣裳:森川雅代
映像:冨田中理
舞台監督:中西輝彦
宣伝美術:末吉亮(図工ファイブ)
宣伝写真:坂田智彦+菊池洋治(TALBOT.)
劇団演出部:
伊達紀行、大刀佑介、斎藤菜月、佐藤慎哉、早川貴久、藤岡文吾、田原愛美
内田みのり、小柳馨、帯刀菜美、奈良弥春、谷島正寿
制作:倉田知加子、池田風見、福岡彩香
協力:オフィス鹿、ジャパンアクションエンタープライズ
企画・製作:サードステージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一人芝居&自主企画発表会2014

一人芝居&自主企画発表会2014 今までの公演 2014年8月15日

今年はやります!

一人芝居&自主企画発表会2014

*******

全公演終了しました!たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

 

==========

そんなわけで、やっと「一人芝居&自主企画発表会」の詳細が決まりました。
「一人芝居」は、『虚構の劇団』の研修生から正式な劇団員になるために、必ず通るためのステップだと鴻上が考えているものです。現在のメンバーは、全員、一人芝居を発表しました。これは、自分で脚本を考えて、自分で自分を演出して、自分が責任を持って20分前後の話を、観客の前で発表するものです。
鴻上はアドバイザーという立場で、演出はしません。全部、自分で考えるのです。この企画にいよいよ、森田ひかりと木村美月が挑戦することになりました。よろしければ、目撃人というか立ち会い人というかひやかしというか応援というか見物にいらっしゃいませんか?

なお、二人の一人芝居だけでは時間にして40分前後ですから、この時間のためだけに、劇場にきていただくのは申し訳ないと思っています。なので、毎回、「自主企画」という劇団員の公演がつきます。今回は、ひとつは杉浦一輝脚本、演出・出演:三上陽永 杉浦一輝の『空白のふたり』です。

他の劇団員は、ありがたいことに、あちゃこちゃに呼ばれていて稽古しています。一輝と陽永は、たまたま、芝居が終わって時間があったので、「なんかやってくれ」とお願いしたのです。で、これだけではまだ1時間ほどなので、もうひとつ企画、『歌と朗読の時間』を入れました。
出演は関取花と鴻上尚史。関取花さんは、『虚構の劇団』チャンネルにゲスト出演してくれたことがあります。『むすめ』という名曲を歌っている関取花さんが歌い、鴻上が今までの自分の戯曲を朗読するという時間です。どーなるか?まあ、関取花さんの歌が素敵なのでなんとかなるでしょう。

というわけで、じつに多彩な『一人芝居&自主企画発表会』になりました。だいたい全体で1時間半ぐらいではないかと思っています。よろしければ、遊びに来て下さい。では。

鴻上尚史

==========

公演期間
2014月10月18日(土)・19日(日)

劇場
新宿シアター・ミラクル map
〒160‐0021
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F

(西武新宿駅から徒歩1分、JR・東京メトロ・私鉄「新宿駅」から徒歩5分)

スケジュール
【10月18日(土)】13:00から/19:00から
【10月19日(日)】13:00から/18:00から
※開場は開演30分前からです。
※当日券は開演20分前より販売いたします。

チケット
前売券1,300円
当日券1,500円
(全席自由席・税込)

☆8月16日(土) 12:00チケット発売!☆
ご予約はこちらから!


プログラム

・『空白のふたり』
脚本:杉浦一輝
演出:杉浦一輝、三上陽永
出演:杉浦一輝、三上陽永

『今日の公園』
脚本・演出:森田ひかり

『レディー!ファイト!』
脚本・演出:木村美月

『歌と朗読の時間』
関取花×鴻上尚史

 

スタッフ
アドバイザー:鴻上尚史
舞台監督:藤岡文吾
音響操作:田原愛美
照明操作:早川貴久
照明協力:元吉庸泰
宣伝美術:齋藤菜月
協力:渡辺芳博、大刀佑介
千葉哲也、石川杏樹、木村若菜、小谷信一、高橋玄太、松田佳央理  
制作:福岡彩香、倉田知加子、池田風見
製作:サードステージ

【公演に関するお問合せ】
サードステージ ☎ 03-5772-7474 (平日:11:00~18:00)
kyokou@thirdstage.com


「ビー・ヒア・ナウ」当日運営ボランティアスタッフ募集!

「ビー・ヒア・ナウ」 当日運営スタッフ募集 2014年6月13日

「ビー・ヒア・ナウ」当日運営ボランティアスタッフ募集!

「ビーヒア・ナウ」の公演期間中、ロビーの運営をお手伝いしてくださる方を募集しています。
舞台制作に興味のある方、
舞台の裏側をのぞいてみたい方、
池袋近辺にお住まいで時間に余裕のある方、
一緒に公演に参加しませんか?
未経験の方も大歓迎です!ご応募お待ちしています。

募集人数:各回5~6名(18~30歳くらいまでの方、未経験大歓迎。)
時間:各公演の開演1時間半前から終演1時間後まで
公演スケジュールは、こちら

作業内容
チケットもぎり、チラシの配布、チラシの折込、お客様のご案内、物販等です。

ボランティアスタッフ参加お申込み方法
件名を「虚構の劇団ボランティア希望」としたうえ、
本文中に、以下の内容を書いて、kyokou@thirdstage.com に メールでお送りください。

●お名前、年齢
●連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
●簡単な自己紹介・応募動機
●参加可能日程

参加可能日程
調整後、こちらからお願いしたい日時をメールにてお知らせいたします。
なお、募集人数になり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

 

ボランティアスタッフ募集についてのお問合せ
虚構の劇団/サードステージ(担当:池田)
TEL:03-5772-7474(平日11:00-18:00)
kyokou@thirdstage.com


「ビー・ヒア・ナウ」

「ビー・ヒア・ナウ」 今までの公演 2014年5月12日

「ビー・ヒア・ナウ」すべての公演が終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

———————————————————————————————————————-

 

ある日、私に一通の手紙が届いた。
そこには、たった一行、こう書かれていた。
「お前を誘拐した。」

第三舞台作品、初の再演!
1990年の上演から24年。「いま」新たな作品として蘇ります!

文化庁委託事業「平成 26 年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 -俳優部門-

ビー・ヒア・ナウ

 


【作】
鴻上尚史

【演出】深作健太

【出演】
小沢道成 小野川晶 杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博 塚本翔大 森田ひかり 木村美月

七味まゆ味(柿喰う客)

津村知与支(モダンスイマーズ)

————————————————————————————————————————–

公演スケジュール
2014 年 7 月 10 日(木)〜7月 21 日(月・祝)

【劇場】シアターグリーン BIG TREE THEATERMAP〒171-0022 豊島区南池袋2-20-4

————————————————————————————————————————–

チケット情報

DM特別先行はこちら

★特別学割チケットはこちら★

直前までお申し込み頂けるwalker plusチケットはこちら!

 

チケット料金:4,500 円前売・当日共通/全席指定・税込)
前売発売:2014 年 6月7日(土)AM 10:00より販売開始

※開場は開演の 30 分前からです。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケットお取り扱い
チケットぴあ
0570-02-9999 ( P コード: 437-309 )
http://pia.jp/t/ ( PC・携帯 )
イープラス
http://eplus.jp/ ( PC・携帯 )
ローソンチケット
0570-000-407
0570-084-003 ( L コード: 36310 )
http://l-tike.com/ ( PC・携帯 )

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

【チケットに関するお問合せ】サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337 ( 10:00~19:00 )

▽当日運営ボランティアスタッフ募集についてはこちら!

————————————————————————————————————————–

【お問合せ】日本劇団協議会  03-5909-4600 (平日 10:00〜18:00)

主催:文化庁・日本劇団協議会
制作:公益社団法人日本劇団協議会

協力:虚構の劇団、サードステージ 、モダンスイマーズ、オフィス PSC、柿喰う客


第9回公演「エゴ・サーチ」DVD発売!

第9回公演 エゴ・サーチ 通信販売 2014年5月9日

虚構の劇団 第9回公演「エゴ・サーチ」(2013)DVD発売!
(2013年10月 あうるすぽっとにて収録)

片面2層式ディスク/MPEG-2/16:9/ NTSC/リージョンALL/ドルビーデジタル/再生時間117min.

本体価格 ¥3,990(税込)
公演パンフレット同梱版 ¥4,290(税込)

サードステージオンラインショップにて好評発売中!

 

お問い合わせ
サードステージ
TEL:03-5772-7474(平日11:00〜18:00)
email: kyokou@thirdstage.com


「グローブ・ジャングル」東京公演:ご感想

第10回「グローブ・ジャングル」 2014年4月17日

●●東京公演をご覧になったお客様からの感想を一部ご紹介します!●●

●独善的な正義や思い込みの恐ろしさがじわじわきました。
恐ろしさに気づいて、もがいて抜け出した先が、ここではないどこか、なのでしょうね。
(観覧日:4/11 19:00)

●自分の観ないタイプの作品だったので、最初はバタバタした感じに戸惑いましたが、
後半引き込まれました。日本ならではの安全の為の規制簡単に発信出来てしまうネット社会そして安易に発信したことは、ずっと残るという問題色々な嫌なことをどれだけ見ないふり、忘れたことにして過ごしているのか予想以上に色々考えさせられました。観劇出来てよかったです。ありがとうございました。(観覧日:4/10 19:00)

●今のネット社会の影響力の大きさに恐怖を覚えました。誰でもいつでも加害者にも被害者にもなりうると。最後に救いがありほっとしました。ダンスがかっこよかった!(観覧日:4/10 19:00)

●ネット社会の功罪を描いて、実にリアル。密度の濃い作品でした。(観覧日:4/9 14:00)

●鴻上さんらしい真っ当な主張に加え、今回は切ないもプラスされてすごく良かった。
アフタートークショーも興味深く聞けました。(観覧日:4/10 19:00)

●ダンスのカッコよさは圧倒的で、また、根本宗子さんの笑顔が、存在感として光っていました。コミカルな劇中劇も抱腹絶倒でした。(観覧日:4/10 19:00)

●6年振りの再演とのことですが、あまりにも「いま」を写し出しているので、骨子だけ残して大幅に書き直したものかと思ったら、冒頭以外は初演時のままというので驚きました。鴻上さんの描いた世界に、時代がいい意味でも悪い意味でも追いついてしまうというアフタートークでの角田さんのお言葉に納得です。いい意味での希望がもっともっと追いついていってほしいですが…役者さんは相変わらず弾けていて楽しそうで元気をもらいました。(観覧日:4/8 19:00)

●ネットでの炎上や教育現場での過剰な表現や危険回避の現状など今を切り取っているところはさすが鴻上さんだと感じました。(観覧日:4/9 19:00)

●二時間あっという間でした。観終わってすぐにリピートを考えるくらい良かったです。英語で読む民話とかめちゃくちゃツボでした。(観覧日:4/8 19:00)

●時代の空気(共感出来る問題)が感じられて、、考えさせられるストーリーでした。でも、笑えるし、ちょっぴり泣けるし、ダンスシーンまであって格好いいしで、目が放せない感じで魅せられて、楽しかったです。(観覧日:4/8 19:00)

●初めて観る劇団だったのですが、役者さん1人1人がとても個性を持っていらしたのですぐに物語に夢中になって観劇する事が出来ました♪内容はとても真面目な話しなのに重くなりすぎないようにコミカルな部分を多数挟んでくださったお陰で安心して見続けられました。ネット社会の中で頻繁に交わされる心ない言葉がいかに人を傷つけているのかを改めて認識しました。(観覧日:4/9 19:00)

●冒頭から驚かされました。ちょっと前の旬な出来事をこんなにもシリアスに伝えるとは。これはこれから少し堅い展開になるのか、と思えばいつの間にか鴻上ワールドに入っていった私がいました。(観覧日:4/7 19:00)

●美味しいと評判のレストランに行き、噂以上のメニューを堪能した気分!!余計なことを考えずにただただ目の前のステージに釘付けになっていました。楽しい・面白い・そして感動でした!!(観覧日:4/9 14:00)

●6年前のリメイクの作品でしたが、ちっとも古くさくなくまったく新しい作品に仕上がっていました。特に客演のオレノグラフィティの演技は鹿殺しでもあまり見せたことがないダンスのシーンが圧巻でした。(観覧日:4/8 19:00)

●ネット社会の恐さや人間関係からの挫折など 6年前の作品ですが現代そのものです。正しいことでも 少しのズレから人を傷つけたり、中傷が取り返しがつかない結果を招くことは昔からありますが、現在は深いものがあります。人の繋がりから、生き甲斐を見出したり、恨みを許して愛したり、挫折してもやり直せることを見せてもらいました。(観覧日:4/8 19:00)

●6年前の作品とのとこですが、とても今日的な内容にびっくりしました。(観覧日:4/8 19:00)

●虚構の劇団、いつも面白いです。題名の「グローブ・ジャングル」は公園にある、あの遊具の名前ってことを初めて知りました。ゲラゲラ笑いは今回少なかったですが、クスクス笑いが満載。歌にダンスと盛り沢山。2時間があっという間でした。(観覧日:4/8 19:00)

●再演とは思えない程の同時代性を感じる内容でした。キャストもそれぞれ魅力的で、ちょいちょい織りこまれるアナログな演出も楽しかった!(観覧日:4/6 19:00)

●数日前に映画館で「白ゆき姫殺人事件」を見たばかりで、この演劇を観劇したら両方ともネット問題がお話の中にあって余計に怖さが増しました。ストーリーはとてもテンポがよくてそれぞれのキャラクターが最後にはさまざまな出会いから同じ一つの場所に集結するのがとても面白かったです。(観覧日:4/7 19:00)

●パンフが500円と大変良心的でした。(観覧日:4/7 19:00)

●鴻上尚史さんらしい、風刺の効いたストーリーに、大小ちりばめた笑い、キレのあるダンスで、2時間があっという間でした。劇中劇も良かったです。(観覧日:4/5 19:00)

●鴻上さん演出の芝居はテンポがあって、心地いいです。グローブジャングル子供の頃、遊んだ記憶がよみがえってきました。良かったです。(観覧日:4/6 19:00)

●入口に鴻上さんがいらっしゃって、ご挨拶出来て、嬉しかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●ダンスがかっこよかったです。ネット社会の怖さを再認識しました。でも、救いのあるストーリーでよかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●社会の闇を取り上げながらも、全体的には笑いが多く不思議と暗さを感じさせない作品でした。冒頭と劇中劇のダンスシーンも印象的!ラストは少し余韻を残しながらも、前向きな気持ちになれました。(観覧日:4/5 19:00)

●いつもどおり、丁度いいテンポ&リズムで爽やかに進行し、作中のエピソードの絡みも音楽、そしてダンスも過不足なく、実に緊張感なく楽しめた。これが鴻上尚史の真骨頂! 再演も多く、繰り返し楽しめる訳だ。(観覧日:4/6 19:00)

●出演者に惹かれて観に行きました。何者かになりたくてもがく、何者にもなれなくて絶望する、何者にもなれなくても生きて行く。の途上の話であることがまず新鮮でした。わかりやすい世の中出来事の導入部からは想像もできない奥行きでした。(観覧日:4/6 19:00)

●オレノ君のダメ男っぷりが最高にイカしてました。脚本・演出もさすが!旗揚げ作品ということですが、今観ても全然古くない。というより寧ろ時代感やそのメンタリティが今の感性にピッタリなあたりも流石!とおもいました。面白かった!!(観覧日:4/6 19:00)

●ネットの便利さと引き換えに失ってしまったものや、ふとした出来事から生きる望みを失ってしまう現代人のあやうさに気付かされる作品。物心ついたときからネット社会に生きてきた人たちに一度見てほしいです。(観覧日:4/4 19:00)

●はじめの内は内容が軽いかなと思いましたが話しが進むに連れて次第に重く考えさせられ最後は気持ちよく終わると言う社会派ファンタジーでした。そして個人的には役者さんが皆さん人好きする雰囲気をお持ちだったのがとてもかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●躍動感溢れる舞台はとても楽しかったです。脚本の良さに脱帽デス☆(観覧日:4/6 19:00)

●最初は、客席からも、舞台からも大勢出てきて、何がなんだかわからずどうなるのか?と思ったが、後で話が全て繋がっていて、とても面白いストーリーになっていました。笑える場面もかなりあります。スクリーンをうまく利用していて、ストーリーの補足や、笑いをスムースにできていました。ミュージカルではないので、歌う場面はありません。ダンスも全くないかと思いましたが、ラスト30分辺りから、数か所全員で揃って踊る場面があり、ここが個人的には一番気に入りました。小劇場なので、舞台と客席がとても近く、双眼鏡は要りません。とても楽しかったです。(観覧日:4/5 19:00)

●現代社会の病巣を反映させた初演から変更された演出。フライヤーと共に配布された鴻上尚史氏手書きの文面を事前に読むことでより脚本が執筆された背景が分かりより興味深く観劇ができた。(観覧日:4/5 19:00)

●休憩なしの約2時間の公演も飽きる要素が全くなく、作品に引き込まれたのであっという間に感じた。(観覧日:4/5 19:00)

●昨今の様々な社会問題を鋭く捉えながら、常にユーモアを忘れず、それでいてとても切なく、観ていて色々な思いが湧き上がってきた。(観覧日:4/5 19:00)

●新たな目的に再スタートをする人たち。それも生きていればこそなんだってことを教えてくれるラストは感動したり、“彼”のために涙ぐんだり、でした。(観覧日:4/4 19:00)

●面白かったという一言ではすまない感動の舞台です。なんて表現していいかわからないけど とにかく引き込まれます!傷つけるのも人間、傷を癒すのも人間なんですよね。ハラハラドキドキ そして・・・ 若者の群像劇ですが 中高年の心も揺さぶられます。だって 子どもの頃 楽しんだ「グローブ・ジャングル」の話ですから!(観覧日:4/4 19:00)

●2時間がアッと言う間!刺さる言葉や状況が随所に散りばめられてるのに明るく軽妙。テンポ良く進む芝居にぐいぐい引き込まれる。観終わって暫く頭の中でテーマソングが流れてた程に、楽曲もダンスも良い!世間って何だろね、とか、正義って何だろね、とか考えさせられた。罪は赦されるべきなのか赦されざるべきなのか。悪気が無けりゃイイと言うモンじゃない。でもだからって人が人を裁いて良いものなのか。他人事、は、嫌だ、と思った。(観覧日:4/4 19:00)

●無秩序が横行したり、些細なことが拡散するネット社会。正義と称する悪意が快感にすり替わってやめられない姿なき人々の姿を鴻上さんは度々取り上げているんですね。けれどもその問題をドロドロに描くのではなく、爽やかに仕上げてしまうのがこの劇団の不思議な魅力です。(観覧日:4/4 19:00)

●鴻上作品の香りに満ちた作品。第三舞台にはまった懐かしい時を思い起こされた!今の人にはどう映るのかな?(観覧日:4/4 19:00)

 


「グローブ・ジャングル」東京公演 アフタートーク決定!

第10回「グローブ・ジャングル」 2014年3月23日

■2014年4月4日(金)〜13日(日)座・高円寺1にて上演する「グローブ・ジャングル」東京公演で、アフタートークを行うことが決定しました!

4月7日(月)19時〜の回→ Guest:(女優・仮面ライダー鎧武出演中 × 野川 ×

4月8日(火)19時〜の回→ Guest:(作家) × 史 × 

4月9日(水)19時〜の回→ Guest:(女優) × (俳優) × 

4月10日(木)19時〜の回→ レノラフィティ× 子 ×

4月11日(木)19時〜の回→ Guest: ×


虚構の劇団「グローブ・ジャングル」当日運営ボランティア募集!

当日運営スタッフ募集 第10回「グローブ・ジャングル」 2014年3月11日

虚構の劇団「グローブ・ジャングル」当日運営ボランティア募集!!

 

虚構の劇団では、「グローブ・ジャングル」の当日運営をお手伝いしてくださる方を募集しています。

舞台制作に興味のある方、
舞台の裏側をのぞいてみたい方、
高円寺近辺にお住まいで時間に余裕のある方、
虚構の劇団のスタッフとして一緒に公演に参加しませんか?

未経験の方も大歓迎です!ご応募お待ちしています。

■募集人数:各回5~6名(18~30歳くらいまでの方、未経験大歓迎。)
■時間:各公演の開演1時間半前から終演1時間後まで

公演スケジュールは、こちら

★大阪公演のボランティアスタッフも同時募集しています。★


【作業内容】
受付補助、チラシの折込、お客様のご案内、物販等です。

【ボランティアスタッフ参加お申込み方法】
件名を「虚構の劇団ボランティア希望」としたうえ、
本文中に、以下の内容を書いて、 kyokou@thirdstage.com に メールでお送りください。

●お名前、年齢
●連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
●簡単な自己紹介・応募動機
●参加可能日程

参加可能日程
調整後、こちらからお願いしたい日時をメールにてお知らせいたします。

なお、募集人数になり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

 

お問合せ
虚構の劇団/サードステージ(担当:池田)
TEL:03-5772-7474(平日11:00-18:00)
kyokou@thirdstage.com


1 2 3 4 5 6 7