「グローブ・ジャングル」東京公演:ご感想

第10回「グローブ・ジャングル」 2014年4月17日

●●東京公演をご覧になったお客様からの感想を一部ご紹介します!●●

●独善的な正義や思い込みの恐ろしさがじわじわきました。
恐ろしさに気づいて、もがいて抜け出した先が、ここではないどこか、なのでしょうね。
(観覧日:4/11 19:00)

●自分の観ないタイプの作品だったので、最初はバタバタした感じに戸惑いましたが、
後半引き込まれました。日本ならではの安全の為の規制簡単に発信出来てしまうネット社会そして安易に発信したことは、ずっと残るという問題色々な嫌なことをどれだけ見ないふり、忘れたことにして過ごしているのか予想以上に色々考えさせられました。観劇出来てよかったです。ありがとうございました。(観覧日:4/10 19:00)

●今のネット社会の影響力の大きさに恐怖を覚えました。誰でもいつでも加害者にも被害者にもなりうると。最後に救いがありほっとしました。ダンスがかっこよかった!(観覧日:4/10 19:00)

●ネット社会の功罪を描いて、実にリアル。密度の濃い作品でした。(観覧日:4/9 14:00)

●鴻上さんらしい真っ当な主張に加え、今回は切ないもプラスされてすごく良かった。
アフタートークショーも興味深く聞けました。(観覧日:4/10 19:00)

●ダンスのカッコよさは圧倒的で、また、根本宗子さんの笑顔が、存在感として光っていました。コミカルな劇中劇も抱腹絶倒でした。(観覧日:4/10 19:00)

●6年振りの再演とのことですが、あまりにも「いま」を写し出しているので、骨子だけ残して大幅に書き直したものかと思ったら、冒頭以外は初演時のままというので驚きました。鴻上さんの描いた世界に、時代がいい意味でも悪い意味でも追いついてしまうというアフタートークでの角田さんのお言葉に納得です。いい意味での希望がもっともっと追いついていってほしいですが…役者さんは相変わらず弾けていて楽しそうで元気をもらいました。(観覧日:4/8 19:00)

●ネットでの炎上や教育現場での過剰な表現や危険回避の現状など今を切り取っているところはさすが鴻上さんだと感じました。(観覧日:4/9 19:00)

●二時間あっという間でした。観終わってすぐにリピートを考えるくらい良かったです。英語で読む民話とかめちゃくちゃツボでした。(観覧日:4/8 19:00)

●時代の空気(共感出来る問題)が感じられて、、考えさせられるストーリーでした。でも、笑えるし、ちょっぴり泣けるし、ダンスシーンまであって格好いいしで、目が放せない感じで魅せられて、楽しかったです。(観覧日:4/8 19:00)

●初めて観る劇団だったのですが、役者さん1人1人がとても個性を持っていらしたのですぐに物語に夢中になって観劇する事が出来ました♪内容はとても真面目な話しなのに重くなりすぎないようにコミカルな部分を多数挟んでくださったお陰で安心して見続けられました。ネット社会の中で頻繁に交わされる心ない言葉がいかに人を傷つけているのかを改めて認識しました。(観覧日:4/9 19:00)

●冒頭から驚かされました。ちょっと前の旬な出来事をこんなにもシリアスに伝えるとは。これはこれから少し堅い展開になるのか、と思えばいつの間にか鴻上ワールドに入っていった私がいました。(観覧日:4/7 19:00)

●美味しいと評判のレストランに行き、噂以上のメニューを堪能した気分!!余計なことを考えずにただただ目の前のステージに釘付けになっていました。楽しい・面白い・そして感動でした!!(観覧日:4/9 14:00)

●6年前のリメイクの作品でしたが、ちっとも古くさくなくまったく新しい作品に仕上がっていました。特に客演のオレノグラフィティの演技は鹿殺しでもあまり見せたことがないダンスのシーンが圧巻でした。(観覧日:4/8 19:00)

●ネット社会の恐さや人間関係からの挫折など 6年前の作品ですが現代そのものです。正しいことでも 少しのズレから人を傷つけたり、中傷が取り返しがつかない結果を招くことは昔からありますが、現在は深いものがあります。人の繋がりから、生き甲斐を見出したり、恨みを許して愛したり、挫折してもやり直せることを見せてもらいました。(観覧日:4/8 19:00)

●6年前の作品とのとこですが、とても今日的な内容にびっくりしました。(観覧日:4/8 19:00)

●虚構の劇団、いつも面白いです。題名の「グローブ・ジャングル」は公園にある、あの遊具の名前ってことを初めて知りました。ゲラゲラ笑いは今回少なかったですが、クスクス笑いが満載。歌にダンスと盛り沢山。2時間があっという間でした。(観覧日:4/8 19:00)

●再演とは思えない程の同時代性を感じる内容でした。キャストもそれぞれ魅力的で、ちょいちょい織りこまれるアナログな演出も楽しかった!(観覧日:4/6 19:00)

●数日前に映画館で「白ゆき姫殺人事件」を見たばかりで、この演劇を観劇したら両方ともネット問題がお話の中にあって余計に怖さが増しました。ストーリーはとてもテンポがよくてそれぞれのキャラクターが最後にはさまざまな出会いから同じ一つの場所に集結するのがとても面白かったです。(観覧日:4/7 19:00)

●パンフが500円と大変良心的でした。(観覧日:4/7 19:00)

●鴻上尚史さんらしい、風刺の効いたストーリーに、大小ちりばめた笑い、キレのあるダンスで、2時間があっという間でした。劇中劇も良かったです。(観覧日:4/5 19:00)

●鴻上さん演出の芝居はテンポがあって、心地いいです。グローブジャングル子供の頃、遊んだ記憶がよみがえってきました。良かったです。(観覧日:4/6 19:00)

●入口に鴻上さんがいらっしゃって、ご挨拶出来て、嬉しかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●ダンスがかっこよかったです。ネット社会の怖さを再認識しました。でも、救いのあるストーリーでよかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●社会の闇を取り上げながらも、全体的には笑いが多く不思議と暗さを感じさせない作品でした。冒頭と劇中劇のダンスシーンも印象的!ラストは少し余韻を残しながらも、前向きな気持ちになれました。(観覧日:4/5 19:00)

●いつもどおり、丁度いいテンポ&リズムで爽やかに進行し、作中のエピソードの絡みも音楽、そしてダンスも過不足なく、実に緊張感なく楽しめた。これが鴻上尚史の真骨頂! 再演も多く、繰り返し楽しめる訳だ。(観覧日:4/6 19:00)

●出演者に惹かれて観に行きました。何者かになりたくてもがく、何者にもなれなくて絶望する、何者にもなれなくても生きて行く。の途上の話であることがまず新鮮でした。わかりやすい世の中出来事の導入部からは想像もできない奥行きでした。(観覧日:4/6 19:00)

●オレノ君のダメ男っぷりが最高にイカしてました。脚本・演出もさすが!旗揚げ作品ということですが、今観ても全然古くない。というより寧ろ時代感やそのメンタリティが今の感性にピッタリなあたりも流石!とおもいました。面白かった!!(観覧日:4/6 19:00)

●ネットの便利さと引き換えに失ってしまったものや、ふとした出来事から生きる望みを失ってしまう現代人のあやうさに気付かされる作品。物心ついたときからネット社会に生きてきた人たちに一度見てほしいです。(観覧日:4/4 19:00)

●はじめの内は内容が軽いかなと思いましたが話しが進むに連れて次第に重く考えさせられ最後は気持ちよく終わると言う社会派ファンタジーでした。そして個人的には役者さんが皆さん人好きする雰囲気をお持ちだったのがとてもかったです。(観覧日:4/6 19:00)

●躍動感溢れる舞台はとても楽しかったです。脚本の良さに脱帽デス☆(観覧日:4/6 19:00)

●最初は、客席からも、舞台からも大勢出てきて、何がなんだかわからずどうなるのか?と思ったが、後で話が全て繋がっていて、とても面白いストーリーになっていました。笑える場面もかなりあります。スクリーンをうまく利用していて、ストーリーの補足や、笑いをスムースにできていました。ミュージカルではないので、歌う場面はありません。ダンスも全くないかと思いましたが、ラスト30分辺りから、数か所全員で揃って踊る場面があり、ここが個人的には一番気に入りました。小劇場なので、舞台と客席がとても近く、双眼鏡は要りません。とても楽しかったです。(観覧日:4/5 19:00)

●現代社会の病巣を反映させた初演から変更された演出。フライヤーと共に配布された鴻上尚史氏手書きの文面を事前に読むことでより脚本が執筆された背景が分かりより興味深く観劇ができた。(観覧日:4/5 19:00)

●休憩なしの約2時間の公演も飽きる要素が全くなく、作品に引き込まれたのであっという間に感じた。(観覧日:4/5 19:00)

●昨今の様々な社会問題を鋭く捉えながら、常にユーモアを忘れず、それでいてとても切なく、観ていて色々な思いが湧き上がってきた。(観覧日:4/5 19:00)

●新たな目的に再スタートをする人たち。それも生きていればこそなんだってことを教えてくれるラストは感動したり、“彼”のために涙ぐんだり、でした。(観覧日:4/4 19:00)

●面白かったという一言ではすまない感動の舞台です。なんて表現していいかわからないけど とにかく引き込まれます!傷つけるのも人間、傷を癒すのも人間なんですよね。ハラハラドキドキ そして・・・ 若者の群像劇ですが 中高年の心も揺さぶられます。だって 子どもの頃 楽しんだ「グローブ・ジャングル」の話ですから!(観覧日:4/4 19:00)

●2時間がアッと言う間!刺さる言葉や状況が随所に散りばめられてるのに明るく軽妙。テンポ良く進む芝居にぐいぐい引き込まれる。観終わって暫く頭の中でテーマソングが流れてた程に、楽曲もダンスも良い!世間って何だろね、とか、正義って何だろね、とか考えさせられた。罪は赦されるべきなのか赦されざるべきなのか。悪気が無けりゃイイと言うモンじゃない。でもだからって人が人を裁いて良いものなのか。他人事、は、嫌だ、と思った。(観覧日:4/4 19:00)

●無秩序が横行したり、些細なことが拡散するネット社会。正義と称する悪意が快感にすり替わってやめられない姿なき人々の姿を鴻上さんは度々取り上げているんですね。けれどもその問題をドロドロに描くのではなく、爽やかに仕上げてしまうのがこの劇団の不思議な魅力です。(観覧日:4/4 19:00)

●鴻上作品の香りに満ちた作品。第三舞台にはまった懐かしい時を思い起こされた!今の人にはどう映るのかな?(観覧日:4/4 19:00)

 


「グローブ・ジャングル」東京公演 アフタートーク決定!

第10回「グローブ・ジャングル」 2014年3月23日

■2014年4月4日(金)〜13日(日)座・高円寺1にて上演する「グローブ・ジャングル」東京公演で、アフタートークを行うことが決定しました!

4月7日(月)19時〜の回→ Guest:(女優・仮面ライダー鎧武出演中 × 野川 ×

4月8日(火)19時〜の回→ Guest:(作家) × 史 × 

4月9日(水)19時〜の回→ Guest:(女優) × (俳優) × 

4月10日(木)19時〜の回→ レノラフィティ× 子 ×

4月11日(木)19時〜の回→ Guest: ×


虚構の劇団「グローブ・ジャングル」当日運営ボランティア募集!

当日運営スタッフ募集 第10回「グローブ・ジャングル」 2014年3月11日

虚構の劇団「グローブ・ジャングル」当日運営ボランティア募集!!

 

虚構の劇団では、「グローブ・ジャングル」の当日運営をお手伝いしてくださる方を募集しています。

舞台制作に興味のある方、
舞台の裏側をのぞいてみたい方、
高円寺近辺にお住まいで時間に余裕のある方、
虚構の劇団のスタッフとして一緒に公演に参加しませんか?

未経験の方も大歓迎です!ご応募お待ちしています。

■募集人数:各回5~6名(18~30歳くらいまでの方、未経験大歓迎。)
■時間:各公演の開演1時間半前から終演1時間後まで

公演スケジュールは、こちら

★大阪公演のボランティアスタッフも同時募集しています。★


【作業内容】
受付補助、チラシの折込、お客様のご案内、物販等です。

【ボランティアスタッフ参加お申込み方法】
件名を「虚構の劇団ボランティア希望」としたうえ、
本文中に、以下の内容を書いて、 kyokou@thirdstage.com に メールでお送りください。

●お名前、年齢
●連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
●簡単な自己紹介・応募動機
●参加可能日程

参加可能日程
調整後、こちらからお願いしたい日時をメールにてお知らせいたします。

なお、募集人数になり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

 

お問合せ
虚構の劇団/サードステージ(担当:池田)
TEL:03-5772-7474(平日11:00-18:00)
kyokou@thirdstage.com


第10回公演「グローブ・ジャングル」

第10回「グローブ・ジャングル」 2014年2月15日

「グローブ・ジャングル」全公演終了いたしました!

ご来場、誠にありがとうございました!

 

 

★東京公演の感想アップしました★
☆twitterでのみなさまの感想をまとまめました☆

当日券申込フォームはコチラ

第61回 読売文学賞 戯曲・シナリオ賞  受賞作品

・演上尚史

[出道成、小野晶、浦一輝、三上永、渡芳博、塚本大、田ひかり、木村

レノラフィティ 本宗子

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

ローブ・ジャングルとは、公園にある丸い形をしたジャングルジム。骨組みだけの地球を表すこの遊具は、日本人が発明した。今日も、公園で、ぐるぐると、複雑な地球は回されることを待っている。

舞台は、ロンドン。
日本人コミュニティに集まる人々は、何を思い、何を求めてこの地にやってきたのだろう。
ネット環境が進化し普及し続ける中で、人はどのように世界と、他者と関わって行くのか…。

上尚史、第61回 売文学賞 戯曲・シナリオ賞 受賞作品
2008年劇団揚げ公演に書き下ろした、題作
6年ぶりに上演!新たなの物語、始まります

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

演スケジュール】

TOKYO 2014.4.4 fri 〜 4.13 sun

[劇場]座・高円寺1 <MAP> 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2

◉託児サービスのお知らせ◉
東京公演 4/9(水)・4/12(土)いずれも 14 時~の回のチケットをお持ちの方にかぎり託児サービスをご利用頂けます。
・料金 1,000 円(お一人様)/定員あり/対象年齢1歳~未就学児/1週間前までに要予約
・お申し込みは座・高円寺チケットボックスまでご連絡または、ご来館ください。
(月曜定休・電話: 03-3223-7300(10:00-18:00)/窓口:10:00-19:00)

 

OSAKA 2014.4.17  thu 〜 4.20 sun

[劇場]一心寺シアター倶楽  <MAP> 〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪 2-6-13

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

ケット情報】

Ticket4,500 円 (東京•大阪共通/前売・当日共通/全席指定・税込)

前売開始 3 /1(土) AM 10:00~(東京•大阪共通)

学割チケットはコチラ

●直前チケットはこちらからもご購入できます![Walkerplus] ●

当日券申込フォームはコチラ

 

ケットお取り扱い・京>

●サンライズオンライン チケット●
http://sunrisetokyo.com (パソコン・携帯)

●チケットぴあ●
•【発売日特電】 0570-02-9980  
• 0570-02-9999 (Pコード:435-132)  
• http://pia.jp/t/ (パソコン・携帯)  
• セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

イープラス
http://eplus.jp/ (パソコン・携帯)

●ローソンチケット
•【発売日特電】 0570-084-633
• 0570-000-407  
• 0570-084-003 (Lコード:32247)  
http://l-tike.com/ (パソコン・携帯)

座・高円寺チケットボックス (月曜定休)
• 電話: 03-3223-7300 (10:00-18:00)   
• 窓口: 10:00-19:00  
http://za-koenji.jp/

【チケットに関するお問合せ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~19:00)

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。 
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。 
※必ず発信者番号を通知してお電話下さい。発信者番号通知のないお電話からはご予約いただけません。

★開演3時間前まで購入できるwalkerplusはこちら★

ケットお取り扱い・阪>

●チケットぴあ●
• 0570-02-9999 (Pコード:435-411) 
http://t.pia.jp/kansai/kyodo-osaka/ (パソコン•携帯) 
• セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

e+(イープラス)
http://eplus.jp (パソコン•携帯)  
• ファミリーマート内Famiポート

●ローソンチケット●
• 0570-084-005 (Lコード:54017)   
• 0570-000-407 (オペレーター)  
http://l-tike.com/ (パソコン•携帯) 
• ローソン店内 Loppi

【チケットに関するお問合せ】キョードーインフォメーション  ☎ 06-7732-8888 (10:00~19:00)

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。 
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。 
※必ず発信者番号を通知してお電話下さい。発信者番号通知のないお電話からはご予約いただけません。

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

▷記事を掲載して頂きました!

ぴあ
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201403070004
Yahoo!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000005-pia-ent
※上記の他、MSN、mixi、Livedoor、アメーバ、YOMIURI ONLINE、
Google、asahi.com、OKGuide、ウーマンエキサイト、COBS ONLINE等にも提携サイト配信中。


 

当日運営ボランティアスタッフ募集についてはコチラ!

 

[スタッフ]

[美術]池田ともゆき
[音楽]HIROSHI WATANABE
[照明]伊賀康
[音響]原田耕児
[振付]関川慶一
[ヘアメイク]西川直子
[衣裳]山下和美
[映像・宣伝美術]冨田中理
[演出助手]佐藤慎哉
[舞台監督]中西輝彦

[劇団演出部]
伊達紀之、大刀佑介、齋藤菜月
佐藤慎哉、藤岡文吾、田原愛美、永作一樹

[制作]倉田知加子、池田風見、福岡彩香
[企画・製作・主催]サードステージ


【公演に関するお問合せ】サードステージ  ☎ 03-5772-7474 (平日:11:00~18:00)

企画・製作:サードステージ


第9回公演「エゴ・サーチ」

第9回公演 エゴ・サーチ 2013年7月27日

虚構の劇団第9回公演「エゴ・サーチ」
DVD発売しました!

サードステージオンラインショップ にて、絶賛販売中です!
公演パンフレット 同梱版も販売しております☆
劇場でお買い逃した方はぜひご利用ください☆

—————————————————————————————————–

「エゴ・サーチ」全公演終了いたしました。

沢山のご来場、誠にありがとうございました!

当日券はこちらからもお買い求めいただけます。 
直前特別学割チケット始めました!

エゴ・サーチとは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネームで検索すること。
筆がなかなか進まない新人小説家。彼がインターネット上に見つけたのは、
自分と同じ名前、同じ経歴のプロフィールをもつ「誰か」のブログ。
「わたし」の知らないもう一人の「わたし」の存在に惑わされる一方、
彼の小説は沖縄の離島に訪れた女性がキジムナーに出会ったところから、
一向に前に進まない。失われた記憶と、届かなかった想い、
バラバラに見えたパズルが集まった時に見える真実とは。
虚構の劇団 作品群の中で最も再演を願う声が高かった、
「謎」と「想い」が織り重なる感動の物語。再び。

 

【作・演出】鴻上尚史

【出演】
小沢道成 小野川晶 杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博
大杉さほり 塚本翔大 森田ひかり

牧田哲也  八木菜々花  伊阪達也

※富山恵理子は、事情により出演しなくなりました。

【美術】池田ともゆき
【音楽】HIROSHI WATANABE
【照明】伊賀康
【音響】原田耕児
【振付】関川慶一
【ヘアメイク】西川直子
【衣裳】山下和美
【アクションコーディネーター】藤榮史哉
【映像・宣伝美術】冨田中理
【舞台監督】中西輝彦/松下城支
【制作】倉田知加子、池田風見、福岡彩香
【企画・製作・主催】サードステージ

★チケット情報はコチラ★

【東京公演】2013.10.5(土)〜2013.10.20(日) あうるすぽっと [地図]


 

 

 

※当日券は開演の1時間前より発売を開始します。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※開場は開演の30分前からです。

●託児サービスのお知らせ●
東京公演10/10(木)・10/12(土)・10/14(月・祝)いずれも14時~の回のチケットをお持ちの方にかぎり、託児会社マザーズによるサービス(予約制・有料・定員あり)をご利用頂けます。
【お申込み・お問合せ】イベント託児・マザーズ:0120-788-222(受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00※土日休み)
公演日の1週間前まで受付いたします。定員制のため、お早めにご予約ください。

【大阪公演】2013.10.24(木)〜10.27(日)HEP HALL [地図]

 

 

 

 

※当日券は開演の1時間前より発売を開始します。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※開場は開演の30分前からです。

【チケット】4,500円(前売/当日共通)(全席指定・税込)
当日券はこちらからもお買い求めいただけます。 
直前特別学割チケット始めました!
当日運営ボランティア募集についてはコチラ☆

YouTube Preview Image

「エゴ•サーチ」初演より

<エゴ・サーチ special対談>

牧田哲也×鴻上尚史 YouTube Preview Image

八木菜々花×鴻上尚史 YouTube Preview Image

伊阪達也×鴻上尚史 YouTube Preview Image

============================

チケットお取扱い【前売開始:8月10日(土)AM10:00〜】
============================

[東京公演]————————————————————
●サンライズオンライン
http://sunrisetokyo.com(PC・携帯)

●チケットぴあ
0570-02-9999 (Pコード:430-802)
http://pia.jp/t/(PC・携帯)

●イ‐プラス
http://eplus.jp/(PC・携帯)

●ローソンチケット
0570-000-407
0570-084-003 (Lコード:33362)
http://l-tike.com/ (PC・携帯)

●東京公演チケットのお問合せ●
サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337(10:00〜19:00)

[大阪公演]————————————————————
●チケットぴあ
0570-02-9999 (Pコード:430-951)
http://t.pia.jp/kansai/kyodo-osaka/ (PC・携帯)
セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

●ローソンチケット
0570-084-005 (Lコード:54886)
0570-000-407
http://l-tike.com/ (PC・携帯)
ローソン店内Loppi

●e+(イープラス)
http://eplus.jp (PC・携帯)
ファミリーマート内Famiポート

●CNプレイガイド
0570-08-9999(オペレーター)
http://cncn.jp/k-o/ (PC・携帯)

●大阪公演チケットのお問合せ●
キョードーインフォメーション TEL:06-7732-8888(10:00〜19:00)

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

●その他:HEP HALL電話予約 tel.06-6366-3636 (11:00〜20:00)※HEPカード割引あり

 

当日運営ボランティア募集についてはコチラ☆


「エゴ・サーチ」稽古場blog始めました!

稽古場ブログ 第9回公演 エゴ・サーチ 2013年7月26日

第9回公演「エゴ・サーチ」の稽古も始まり、恒例の稽古場ブログがはじまりました!

出演者+演出家で順番にまわしていきます。これを読めばより一層「エゴ・サーチ」が楽しめる…かも?!

「エゴ・サーチ」稽古場ブログはコチラ


ごあいさつ

第9回公演 エゴ・サーチ 2013年7月14日

そんなわけで、また『虚構の劇団』の公演の時期がやってきました。今回は、『虚構の劇団』としては、新しい展開です。

まず、今までで、一番、再演の声が高かった、『虚構の劇団』の代表作を上演することにしました。初演は、紀伊国屋ホールだったので、比較的公演期間が短かったのです。
この作品は、現代人の第二のアイデンティティー、「ネットでの自分」についての物語です。現代人で、「エゴ・サーチ」をしない人はいないでしょう。誰もが、ネットで自分自身を確認するのです。それは、リアルの世界で自分を確立することに対抗する、ネットでの自分の確認、ネットでの自分の立ち位置、つまり、第二のアイデンティティーを探す、「もう一人の自分探し」と呼んでもいいと思います。
もし、そこに、具体的に自分の知らないもう一人の自分がいたら。
それが、物語の始まりです。
そして、それは、南の島の記憶と結びつきます。僕が訪ねた、沖縄の遥かな離島は、いじめをうけた小学生、中学生が、都会から生き延びるために緊急避難してきていました。彼ら彼女らは、その島にきて「子どもらしくなった」と語ったのです。
物語はネットと、そして、そこから一番遠く見える、沖縄の妖精、キジムナーをめぐる話です。
この正反対の二つがどう結びつくか、ぜひ、劇場でお確かめ下さい。

そして、初演をごらんになった方にも、今回は『虚構の劇団』としての新しい展開が待っています。なんと、外部から三人の期待の若手俳優に客演をお願いしました。
牧田哲也さんは、D-Boysを代表する俳優です。伊阪達也さんは、新進気鋭の若手俳優、八木菜々花さんは、モデルであり近年注目の女優です。
この素敵な三人を迎えて、『虚構の劇団』の劇団員達は、いっそう、再演に燃えています。
ぜひ、劇場にお越しください。そして、物語の行方と俳優の成長を確認して下さい。

お待ちしてます。

 

鴻上尚史


「エゴ・サーチ」チケット情報

第9回公演 エゴ・サーチ 2013年7月14日

当日券はこちらからもお買い求めいただけます。 
直前特別学割チケット始めました!


【東京公演】2013.10.5(土)〜2013.10.20(日) あうるすぽっと
[地図]


 

 

 

※当日券は開演の1時間前より発売を開始します。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※開場は開演の30分前からです。

●託児サービスのお知らせ●
東京公演10/10(木)・10/12(土)・10/14(月・祝)いずれも14時~の回のチケットをお持ちの方にかぎり、託児会社マザーズによるサービス(予約制・有料・定員あり)をご利用頂けます。
【お申込み・お問合せ】イベント託児・マザーズ:0120-788-222(受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00※土日休み)
公演日の1週間前まで受付いたします。定員制のため、お早めにご予約ください。

[東京公演]————————————————————

※当日券はこちらからもお買い求めいただけます。 
直前特別学割チケット始めました!


●サンライズオンライン
http://sunrisetokyo.com(PC・携帯)

●チケットぴあ
0570-02-9999 (Pコード:430-802)
http://pia.jp/t/(PC・携帯)

●イ‐プラス
http://eplus.jp/(PC・携帯)

●ローソンチケット
0570-000-407
0570-084-003 (Lコード:33362)
http://l-tike.com/ (PC・携帯)

●東京公演チケットのお問合せ●
サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337(10:00〜19:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【大阪公演】2013.10.24(木)〜10.27(日)HEP HALL [地図]

 

 

 

 

※当日券は開演の1時間前より発売を開始します。
※未就学児の入場はご遠慮ください。※開場は開演の30分前からです。

【チケット】4,500円(前売/当日共通)(全席指定・税込)

[大阪公演]————————————————————

※当日券はこちらからもお買い求めいただけます。 
直前特別学割チケット始めました!

●チケットぴあ
0570-02-9999 (Pコード:430-951)
http://t.pia.jp/kansai/kyodo-osaka/ (PC・携帯)
セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

●ローソンチケット
0570-084-005 (Lコード:54886)
0570-000-407
http://l-tike.com/ (PC・携帯)
ローソン店内Loppi
●e+(イープラス)
http://eplus.jp (PC・携帯)
ファミリーマート内Famiポート
●CNプレイガイド
0570-08-9999(オペレーター)
http://cncn.jp/k-o/ (PC・携帯)
●大阪公演チケットのお問合せ●
キョードーインフォメーション TEL:06-7732-8888(10:00〜19:00)
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

●その他:HEP HALL電話予約 tel.06-6366-3636 (11:00〜20:00)※HEPカード割引あり

 

==========================================

※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。


虚構の劇団 第9回公演 決定!!

第9回公演 エゴ・サーチ 2013年5月21日

虚構の劇団 次回公演は、

「エゴ・サーチ」

に決定しました!!2010年の上演から、「再演」を希望する声が最も多かった作品、「エゴ・サーチ」を2013年秋に上演します。最新情報は随時お知らせいたしますが、まずは、、

●作・演出:鴻上尚史

●出演:劇団員 / 牧田哲也 伊阪達也

<東京公演>
2013.10.5(土)〜10.20(日)あうるすぽっと

<大阪公演>
2013.10.24(木)〜10.27(日)HEP HALL


イントレランスの祭DVD発売延期のお知らせ

第8回公演 イントレランスの祭 2013年2月28日

「イントレランスの祭」のDVDをご予約頂きましたお客様へ。

3月8日に発売を予定しておりました、「イントレランスの祭」DVDは、現在、製作に遅れが生じております関係で、発売日を2013年4月19日(金)に延期させて頂くことになりました。

発売直前のご案内となってしまい、楽しみにお待ち下さっているお客様には、大変ご迷惑をおかけいたします事、心よりお詫び申し上げます。申し訳ありません。

何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

虚構の劇団/制作部


1 2 3 4 5 6 7