第6回公演/アンダー・ザ・ロウズ

アンダー・ザ・ロウズ 3

第6回公演/アンダー・ザ・ロウズ 2011年3月19日

花粉症の皆様、ご苦労さまでぇーす。 

っていう、ブログの書き出しはどうかなぁ!と稽古場に向かう電車で
バッタリ会った杉浦かずきに聞くと

 いいんじゃない、

 上から目線で。

と言われてしまいました……。
本日担当の大久保綾乃です!
お久しぶりです。

すみません、

上から目線、

そんなつもりはないのですよ。
わたしは、幸い花粉症にはなっていません。でもいつなるか分からないって聞きました。
稽古場でも、数名が目と鼻を真っ赤にして、辛そうにしています。

稽古場に着くと、
三上陽永の鼻の下がテカッていました。
どうしたの?と聞くと、鼻のかみ過ぎでヒリヒリするから鼻をかむ前には必ず鼻の下にリップクリームをたっぷりぬるんだ、
これは花粉症の鉄則なんだ。と。

横から、花粉症歴20年の山崎雄介が教えてくれました。

なるほどぉ。大変だ。

 

鼻の下にクリームねぇ、はなの下にクリー、はなのし、花の下…….!!

そう、そう、薔薇の花の下!

そう、そうアンダー・ザ・ロウズ!

だいたい台本の真ん中ぐらいまで稽古が進んでいます。

少しずつ、少しずつ

アンダー・ザ・ロウズの世界観が

見えてきています。

パズルみたいに、ひとつピースが見つかるとそこからどんどん自分の絵が
出来上がってくる時があります。

途中でピースが見つからなくてどうしようもなくて、
周りの皆がおいたピースを見てそこから自分の絵が必然的に見えてきたりもするので、
もう一度戻ってはまたおいて、を何度も繰り返しています。

バトンリレーのように
物語が紡いでいくようにスタッフ、キャストみんなで走っております。

外は今日も寒いですが、汗がとまりません。筋肉痛も治まりません。

お腹が空いてきました。

そろそろ、休憩です。

稽古場のすぐ近くに

可愛いワンコ発見。


アンダー・ザ・ロウズ 2

第6回公演/アンダー・ザ・ロウズ 2011年3月18日

皆さん、お元気ですかーーーっ!!!

お久しぶりです。
古河耕史です。
このたび、またまた呼んでいただき、虚構の劇団連続出場記録を”3”に延ばします。

今回もやはり、”新作”です。
鴻上尚史さんの、”新作”です。
(この時に、こんな稽古が可能なことに感謝します。)
はたして来月、どんな作品になって皆様の前に現れるのか?
その時どんな世の中に、僕らはこの作品の幕を開くのか?

全くわかりません。
わからないからやることにしました。

わからないことを、劇場で、皆さんと。。☆

そぅ強く念じて練り上げるため、しばし外部を遮断した扉の向こうで、僕らはそ
の時を待つことにしました。

この扉を開けて入るのは勇気が要ります。
また、集中し熱狂した後に扉から出て日常に戻るのも、正直覚悟が要ります..。

僕ら、弱っちいのです!

でも心定めて集まって、今、少しずつ強くなっています。
「そうか、これが演劇なのか」と、改めて驚いたりもしています。
これからどんどん練り上げます。
もしかしたら作品のために、稽古場の中と外の温度差をどんどん広げるのかもしれません。殊に僕たち俳優は。

...これって一体何なんだ?!

もし劇場で出会えるのなら、一緒に確かめてもらえませんか?
僕らはどこへ向かうのか...???


アンダー・ザ・ロウズ 1

第6回公演/アンダー・ザ・ロウズ 2011年3月17日

どうも山崎雄介です。

この未曽有の大災害の中、稽古を進行しています。
複雑な思いであります。

亡くなられた方のご冥福と、被災者の皆さんの安心と安全を心よりお祈りします。

僕自身も出来る最低限の事から取り組んでいこうとしています。

そしてやるべき事。をしっかりと進行するべきだと感じています。

この芝居が何になるかは分かりませんが、それが今僕のやるべきことです。

そして4月には皆さんにお届けし、観劇してもらうことです。

日本人。そして地球人として今、また僕らは試されるべき時期だと思います。

生きろ。


アンダー・ザ・ロウズ

第6回公演/アンダー・ザ・ロウズ 虚構の稽古場Blog 2011年3月16日

アンダー・ザ・ロウズ、始動します。
 
圧倒的な力で迫ってくる「現実」のなか、
幸いなことに、現時点では、公演に向けて稽古をすることができる状況にいます。
 
この状況に感謝を忘れず、キャスト・スタッフ一同、
前を向いて、お客様に楽しんでいただける舞台を創るために走ります。
 
よろしければ、厳しい「現実」の合間に、「虚構の劇団」稽古場ブログも覗いていってください!
 
⇒日々のつぶやきは、twitter_follow.pngからどうぞ。
 
 
虚構の劇団

 


1 2 3