第9回公演/エゴ・サーチ

「エゴ・サーチ」13

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月12日

稽古はもうすぐラストシーンへと近づいています。
今は物語の核となる部分の稽古真っ最中。
そうだそうだ、初演の時も3日間ぐらいの稽古が必要なシーンだった。
小沢道成です、2週目がまわってきました。

 

 

 

 

夢うつつのまま歩き続けてる気分にさせてくれる「北に抜ける道」という、その名の通り、北に向けて真っ直ぐに続く草木に囲まれた道。
僕の隣には、数えきれない程のツバメがビュンビュンと飛んでいて、宮崎駿の世界に入り込んだようにツバメ達と戯れながら、一緒に北を目指す。

この鳩間島は、島一周が徒歩1時間で歩けてしまう場所なので長さは感じないんだけど、見たこともない植物や、聞いたことのない鳴き声があちらこちらから聞こえてくるもんだから、時に走りながらもさらに北へ進む。
まあ、もし何かに噛まれた時には焦らず、大丈夫、痛くない痛くないと冷静に動物と友達になろうと心に言い聞かせながらも、やはり速足になる。

 

 

 

これが噂の、島に住む妖精・キジムナーが住んでいるガジュマルの木か。
キジムナーは、古いガジュマルの木に住んでいるらしい。
島の子供たちに、妖怪?と聞くとすぐさまに、妖精だよ!と正される。
島中どこにでもあるのを見ると、この島を守っているのはガジュマルの木なのかもしれない。

 

やっと「北に抜ける道」を抜けて西へ少し歩いたところに、一面のたんぽぽが咲いている草原の丘があって。
その丘の一番高い場所で、ヤギの群れと出会う。

 

 

 

 

というか、島を歩いていたら、人と出会うよりも先に、ヤギに出会うもんだから、どう接すればいいのか戸惑う。
目があい、ヤギも僕を見つめ、一瞬時が止まる。
こんにちは、と声を掛けるが逃げるヤギ。
大丈夫だよ!大丈夫だよ!と逃げるヤギに声を投げるが、逃げるヤギ。

自然のなかに「お邪魔しまあーす」って言って人間が一緒に生活している。
大袈裟じゃなく、この島は、生きているって言葉がぴったりで、島全体がちゃんと呼吸をしながら、ただそこに在る。

この空気、この深呼吸をする感覚。

きょうのダンス稽古でも「呼吸」てのがテーマになりました。まさに息を合わせる。
呼吸を合わせることで、さらに一体感がでてきました。
不思議だな、息を吸ったり吐いたりしているだけなのに、合わせることで、手をつなぐことよりも繋がれる気がした。

さらに、きょうから稽古場には、本番と同じセットが組まれたんだけど、さらにイメージが湧き、具体的になってきました。
初演の時には感じなかった感覚も稽古場に生まれてきていて驚いています。
はじめて遭遇する感覚って、戸惑うし怖いものだけど、ワクワクもしますよね。
ヤギに遭遇した時もそうでした。
確かにあの時、ワクワクしたんですよね。

よし、明日のブログ担当はヤギちゃんにしよう。

小沢道成


「エゴ・サーチ」12

第9回公演/エゴ・サーチ 2013年9月11日

こんにちわ。はじめまして。牧田哲也です。

僕は今回、なかなか筆が進まない小説家の役をやらせて頂くんですが、稽古中に鴻上さんの発案で、一回実際に物語を書いみて物語を書く難しさを体験してみたらどうかと提案して頂き、 稽古場ブログではありますが、ここで僕の作品を発表することとなりました。

いや~物語を書くのは本当に難しい。僕自信物語を書くのは初めてなんですが、大した文字数ではないのに、書き進まないときは脳みそが何度も痛くなりました(笑)

今回の役は主にある女性の恋愛の話を書くというものなので、僕も恋愛もの、恋愛に悩む女性の話を書いてみようと思い、いろんな人の話を参考にしたり、もちろん自分の考えも入れたりして書きました。

途中なにが言いたいのかよくわからないくて全然書けなかった時もあったし、こんな流れで読んでる人は理解できるのか、どうまとめたらいいのかとか、それなりに悩みました。これが役作りに繋がるといいな。

下手くそな文章ですが、問題は物語の質ではなく、書くことに意味があるんです!!

なので時間がある人だけが読んで下さい。(笑)

いろいろと宜しくお願いしますm(__)m

 

『強くなりたい』

 

「わたしより先に死なないでね。」

こんな言葉を恋人に掛けたのは生まれて初めてだった。恥ずかしい。恥ずかしすぎる。今思い返すとバカバカしすぎてその言葉を言えた自分に驚嘆する。

“来年のことを言えば鬼が笑う”

子どもの頃よく耳にしたけど、普通の感覚であればいつの話をしていたんだろう。鬼はきっと笑い転げていただろう。

でもその言葉を発した自分に後悔はないし、その瞬間のわたしは、ただただ彼を愛していた。絶対に失いたくなかった。失うことが恐かっただけなのだ。

どうしてこんなにも彼のことを好きになってしまったんだろう…

 

でもわたしたちはすれ違ってしまった。わたしは振られてしまったのだ。

 

好きだという気持ちが、失いたくないという気持ちが強すぎたのかもしれない。

友人に相談したらこんなことを言われたことがあった。

「恋愛は好きになった方が負けだよ。」

その時はそうなのかと納得した。

好きすぎて気持ちが抑えられない方が振り回されるし、完全に主導権を握られていた。じゃあ負けないためには何をすればいいのか。勝つためには、主導権を握るためにはどんな戦略を立てなければならないのか…

今より少し距離をとったら振り向いてくれるかな。そんなことも考えたりした。

だが時すでに遅し。どう足掻いても勝敗がつき始めた”戦い”を形勢逆転させるのは気が遠くなるほどに時間も労力も必要だった。

すぐに結果を求めてしまい、簡単に見透かされた。

「子供じゃないんだからさ」なんて言われた。状況は悪化するばかりだった。

 

でもさ、恋愛ってそういうものなの?

好きになった方が負けって、恋愛は勝ち負けなの?

勝つってなんなの?負けるってなんなの?負かしてなにを得るの?負けてなにが悪いの?

ふざけるな。勝ち負けを決めるために恋愛をしてるんじゃない。

ちゃんと向き合って、ちゃんと話し合ってお互いのダメなところをお互いが手と手を取り合って、例え乗り越えられなくても一緒に歩んで行くんじゃないの。

 

でも確実にわたしはこの恋愛においての敗者になったのだ。いや、敗者の気分を味わったのだ。

 

恋愛の難しさを改めて知った。

やっぱりこの人といて楽しい、幸せだと感じる瞬間が少しでもあれば、他がどんなに辛くてもその一瞬の幸せを追い求めて周りが見えなくなってしまう。

逆に言えば辛いことがあるからこそ、その一瞬の幸せが余計に幸せに感じてしまうんだろうか。

でもお互い愛し合ってはいても、その幸せと辛さを天秤に掛けたとき、どちらかの辛さが幸せより勝れば別れという決断が待っている。

 

生まれも育ちも性別も違う他人同士が一緒に歩んで行くにはすれ違いなんてたくさんある。泣いたり叫んだり喚いたり…

それでもただただ横にいられる喜びを感じられる人とこれからも出逢っていきたい。

 

このことを気付かせてくれた彼に出逢えたことをわたしは感謝している。


「エゴ・サーチ」11

第9回公演/エゴ・サーチ 2013年9月11日

こんにちは。ブログの締切りをすっかり忘れていた鴻上です。

今回は、『エゴ・サーチ』の再演ですが、出演者11人のうち、5人が新しい人達ですから、単純な再演ではありません。

まずは、牧田哲也さん。『半沢直樹』に興奮していたら、出てました。堺雅人さんの隣で、堺さんを助けてました。半沢側でよかったです。香川照之さんの大和田側だったら、嫌いになっていたかもしれません。それぐらい、『半沢直樹』に感情移入してます。じつにイケメンで、論理的に見えるのに、お茶目です。僕は、本人の希望により、「マッキー」と呼んでいます。

で、もう一人のイケメン、伊阪達也さん。稽古から一週間は、前回の芝居の続きで、完璧な金髪でした。なんだか、初めて会った人みたいでドキドキしました。ちょい茶髪に染め直した今は、じつに憂いのあるイケメンです。「誰に似ているって言われる?」と聞くと、「安達祐実さん」と衝撃的なコメント。けれど、似ています。本人の希望とは関係なく「いっちゃん」と呼んでいます。

んで、八木菜々花さん。「ふくだけコットン」のCMで話題になった美人さんですが「張ち切れパンダ」という劇団の主要メンバーです。つまり、モデルなのに劇団もやっているのです。それだけで不思議です。柔らかでなおかつ芯の強さを感じさせる人です。本人希望で「八木ちゃん」と呼んでいます。

で、あとの二人は、今年、オーディションで研修生として入団した、森田ひかりと塚本翔大。

森田ひかりは、本人の希望で「プーさん」と呼んでいます。ディズニーの「プーサン」のファンだそうです。塚本翔大は、なんと、現役の神戸大学大学生なのに、大学を捨てて東京に上京。俳優を目指すんだそうです。いいのか。そんなことをしていいのか。神戸大っていえば、名門だぞ。本人の希望で「ショーダイ」と呼んでいます。

という新メンバーです。

先日、「柿食う客」に何回も出演した経歴がある八木ちゃんと、「リアリティー」について話しました。

んで、そのまま、みんなが参加して、「目指すリアリティーとはなんだろう?」という話になりました。

東浩紀氏の『ゲーム的リアリズムの誕生』を持ち出すまでもなく、僕達は、単純なリアリティーで生きているわけではありません。21世紀になり、ますます、私達の生活は、マンガ的・アニメ的・テレビ的・物語的なリアリティーに囲まれるようになりました。そして、そういうリアリティーを感じながら、生きていくようになりました。絵画が、印象派やキュビズムやリアリズムなど、さまざまな手法で現実のリアリティーをとらえようとあがいているのに、ただ、演技だけが、「ナチュラルなリアル」を何百年も続けていいわけがありません。

三上陽永に「第三舞台の時はどう思っていたんですか?」と聞かれました。あの当時、僕は「遊戯的演技」をずっと追及していました。それは、「現代のリアリティーは、真面目に追及することではなく、遊戯としてゲームとして表現することで描くことができる」と感じていました。それが実感でした。どんなに真面目な言い争いになっても「なんでもない。ゲームが白熱しただけだ」という台詞で対応しました。

ただし、「第三舞台」を30年やって、「遊戯的演技」に対応できるのは、じつに演技力がうまくなければできないんだ、という結論に達しました。プロデュース公演で、簡単にたどり着けるものではなく、まさに「劇団」というシステムで、連続的に追及しなければ、現実のナチュラルに拮抗する「遊戯」は創れないと分かったのです。

ずっと、「虚構の劇団」では、俳優の演技力を向上させることだけを考えてきました。ここにきて、いきなり、「「虚構の劇団」では、リアリティーをどう表現するのか?」という質問にぶつかりました。それは、「第三舞台」からの演技論の延長線上の質問です。

さて、それを考えるのか。これから、追及するのか。今、僕は思案中です。

写真は、稽古の最初、役者達による自主的振り付けチェック。リーダーは、小野川晶です。この時の晶は、甘えん坊のデフォルトを捨てて、たくましく、頼りがいのある存在になります。

追伸。

次回のブログは、マッキーによる物語です。今回、マッキーは、一色という作家志望を演じます。作家志望なんですが、なかなか、小説が書けない役です。なので、物語を書くことがどれぐらい大変なのか体験してみるために、ブログですが、作家的な内容にしてね、と鴻上がお願いしたのです。どんな話になるか、じつに楽しみです。

 


「エゴ・サーチ」10

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月8日

どうも、三上陽永です。

エゴ・サーチ再演。絶賛稽古中です。


絶賛撮影中です。

…今回のダンスのフリを完璧にするため、振り付けの先生、セッキーのダンスを撮影中です。


絶賛、歯磨き中です!
なんか、カップルの爽やかな朝みたいな風景ですね。
…渡辺は、爽やかじゃないけど。


絶賛、味わい中です!
焼きそばが好きなんです。


絶賛、のびのび中です!
小説家である一色役ですからね…思いっきりのびのびしたくなるんです。小説家って、大変ね。


絶賛、大悟さん中です!
私ごとですが、これは初演の大悟さんのお人形。良くできてます。再演ですからね…今回はどんな大悟さんで行こうかしら。

と、いうわけで、再演の人も、初エゴ・サーチの人も、絶賛稽古中であります。

きっと、面白い芝居ができるでしょう。

そんなエゴ・サーチは…

絶賛チケット発売中であります!


「エゴ・サーチ」9

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月7日

涼しくなったと思えば暑くなり、台風かと思えば熱帯低気圧になる、優柔不断な天気が続きますね。
稽古場でも、あっちの演技と思えばこっちの演技と悩む毎日。
スポーツでも読書でも食欲でも何でもいい、そんな季節が訪れたからでしょうか。
どうもこんにちは、秋に生まれた優柔不断ボーイ、塚本翔大です。

僕はこの4月から虚構の劇団の研修生として参加することになったので、この「エゴ・サーチ」が僕にとって「虚構の劇団」初舞台となります。
緊張しながら稽古場へ向かった稽古初日。
それから早2週間が経ち、稽古場の雰囲気にも徐々に慣れてきました。
劇団員の皆も今回客演してもらうことになった伊阪さん牧田さん八木さんも、誰もがフレンドリーで優しい人達ばかりです。
研修生の僕や森田に、時には熱く、時にはユーモアを加えながらいろんなアドバイスしてくれます。
優柔不断な僕は、アドバイスの数々をありがたくかみしめながら、日々稽古に励んでいます。
こんな優しさにあふれた雰囲気の中で創り上げる舞台は、きっと素敵なものになるに違いありません!

この優しい笑顔!
どうですか?!稽古場の優しい雰囲気、伝わりましたか?!

もちろん、鴻上さんや周りのスタッフの方々も優しい人ばかりです。
明日も頑張ります!!

明日のブログは陽永さんです!


「エゴ・サーチ」8

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月6日

稽古場ブログ。
9月5日。小野川晶です。
今日は朝から大雨でびっくりしましたね。
そんな中、朝からエゴサーチのパンフレット撮影。
それぞれ場所をかえて、表情かえて、ベストを出そうとはりきる。
出来上がるのが楽しみですね。
客演の3人をご紹介。
牧田哲也さん。マッキー。
クールな顔と熱い目をしていて、厳しいのかなと思いきや、こどものようにふざけて遊ぶ。遊んでたと思ったら芝居に入るとではガラッと変わった真剣さと自然にそこにいる感じ。トシちゃんのモノマネしながら看板を読み歩く特技を持っている。
八木菜々花さん。やぎちゃん。
まさに癒し系。そして天然さん。
靴下かわいい。時々おばちゃんみたいになる。真剣な時の顔とふわっとふざけたときのチャーミングな顔のギャップに胸キュン。うまくいかなかった時に、いーってなってる姿もこれまたかわいい。きっと、ものすごく負けず嫌いで、頑張りやさんなんだと思う。
伊阪達也さん。いっちゃん。
カッコイイ。そしてムードメーカー。
たまに反省してしょげる姿はキュートだけど、それでも負けじと立ち上がる姿は勇ましい。キラッとした目で人をまっすぐ見る感じに誠実さを感じる。優しさに溢れていると思ったら、すばっとつっこみを入れたりする。芦田愛菜ちゃんのモノマネが得意。

3人それぞれ違った雰囲気。3人に共通してるのはとてもチャーミングということ。いろんな面があって毎日いろんなものが出てきてとても楽しい。
そんな感じの今日。湿気でじめじめしてたけど、元気に稽古してました。
明日は晴れたらいいな。


「エゴ・サーチ」7

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月4日

初めまして。
八木菜々花です!

天然…

どうなんですかね?

自覚なしだけども、
そうなのかしら?

なにはともあれ、
よろしくお願いします!

初・虚構の劇団。
毎日ドキドキとワクワクと筋肉痛で、
充実した日々です。

本当に
素晴らしい方が集まっている劇団だなあと
身をもってひしひし感じています。

出演させて頂けて本当に幸せ。

さてさて、
今日はダンスレッスンでした!

みんなで
筋肉痛の身体に鞭打って、
パキッとレッスン!

ますますイマジネーションがふくらんで、
わくわくが止まりません!

そして
稽古の後は
ご飯会!

作品にちなんで
隊長が沖縄料理屋さんに連れてってくれました!

これがまた素敵なお店で、
ご主人が三線で歌ってくださるんです!!


素敵、素敵すぎる!

参加させてもらっちゃったり

歌っちゃったり

歌うさほ。

わー!
踊り出しちゃったり



ご主人の
踊ってくださいね!
の一言に
待ってました!と言わんばかりに
はしゃぎすぎるエゴ・サーチの人々。

めちゃくちゃ楽しかったです!

充電完了。

また張り切って
稽古にのぞめそうです!

こんな嬉しい気持ちを
皆様にお届けできますように。

本当に幸せだなあ。

次はあきちゃん!

ではでは、
また!

八木菜々花


「エゴ・サーチ」6

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月3日

残暑厳しい中、みなさんカキ氷食べてますか?
鴻上さんはしろくまアイスが好きみたいです。
僕は青いシロップのかき氷が好きです。
はじめまして伊阪達也です。よろしくお願いします。
春にオーディションがありまして、今回虚構の劇団に出演する事になりました。
嬉しいです。
毎日楽しい。
勉強になってます!
そして今日は稽古終わりにみんなで、なんと今回お世話になる劇場、あうるすぽっとに下見に行きました。
いいね、いいよー、やる気わいてくるねー。

と、いうことで

稽古前にサッカーで汗を流すべえさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稽古中にカメラ向けるなって怒ってるべえさん

 

 

 

 

 

 

 

後ろ危ないよって気を遣ってくれる優しいべえさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本番にむけてわくわくしてるべえさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!
明日は八木ちゃんだよ。


「エゴ・サーチ」5

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月2日

稽古が始まって、ちょうど1週間経ちました!
いやーあっという間に9月です!
1ヶ月後は小屋入りです!

どうも、虚構の劇団初参戦、研修生の森田ひかりです。
お芝居って難しいなぁと改めて感じつつ、新しい発見や勉強の毎日で、とってもワクワクしています♪

今日はOFF明けの稽古でした。
先日、一色洋平さんに教えていただいたメニューをみんなで復習しながらアップをしたのですが…
多くの人が筋肉痛で、「あぁっ!」とか「ほぅっ!」とか声をあげてやっていました。
(天然さんだと噂の八木ちゃんは、大笑いしながら床に力尽きていました。笑)

正しいストレッチやトレーニング、しっかり身につけたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、人気だったポテトチップス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みっちーさんが「これちょっと高いんだけどおいしいんだよ」と言った瞬間、人だかりが出来ていました(・∀・)!!
残暑に負けず、みんな元気いっぱいです!!


「エゴ・サーチ」4

第9回公演/エゴ・サーチ 虚構の稽古場Blog 2013年9月1日

涼しくなったと思えば、また残暑が復活してきた今日この頃。
いかがお過ごしですか?
どうも渡辺です。

さてエゴ・サーチの稽古はまだ序盤という事で、メンバーとのコンタクトを深めつつ、身体を起こしつつのゲームから始まります。
そんな中、今日の稽古はスペシャルメニューから開始。
俳優であり、スポーツトレーナーでもある一色洋平さんを講師にお招きしてのワークショップ。

 

 

 

 

 

 

 

(一色さんが完全に背中になってしまいました。)
題して『俳優としてのこれからの体作り』
役者をやっている人にはヨダレもんのテーマです。

2時間で、じっくりかつテンポよく進めてくれる一色さんのワークショップは非常に心地良い。
「この部分を鍛えたい!」などの質問にも即座に答えてくれて、すぐにそれを実践できる内容を提示してくれました。
「痩せたい!」の一点張りで質問をぶつけるM嬢。
「人にモノを教えられると頭がよくなるんだなぁ」と呟くS氏。
張り切って筆記用具を持ち出してメモをとろうとしていたが、おそらく日付とテーマくらいしかメモしてなかったであろうM氏。
それぞれが身体と向き合いながら充実したワークショップでした。

さぁもうすぐダンス稽古も始まります。
夏に溜めたビールのツケが払われていくようで私も嬉しい限りです。


1 2 3 4