ハッシャ・バイ 11

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月23日

二週目のブログがまわってきました!どうも、小沢道成です。

今日の稽古は、ラスト直前のシーンを重点的にやりました。
ちょこちょこ台詞の変更もありながら。よりいい芝居になりそう。
頑張ります、イェイ!

最近、手作りであろうお弁当を、みんな持ってきてるようです。
節約にもなるし、健康的だもんね。
机を囲んで食べてるみんなは、なんだか家族のようにも見えてきます。
ブログの写真も、だんだん尽きてきます。

なにせ、いろいろ撮っちゃうとネタバレにもなっちゃいますもんね。
てことで、今日はこの4人に同じポーズをしてもらいました。

個性ですね、個性。
P2009_0723_212959.JPG
P2009_0723_213044.JPG
P2009_0723_213254.JPG
P2009_0723_213605.JPG
個性ですね、個性。

本番まで、あと15日。
駆け抜けます。


ハッシャ・バイ 10

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月22日

そんなわけでブログの順番が回ってきました、鴻上です。

たしか、前回の『リアリティ・ショウ』の時も、一番最後、山﨑から回ってきたような気がします。
結局、演出家の扱いなんてのは、その程度なのでしょう。ま、しょうがありません。

この作品は、僕が28歳の時に書きました。で、その4年後再演して、んで、18年ぶりの再演です。
今回、初演の台本を読んだ『虚構の劇団』の劇団員たちは、「訳が分かりません!」と大合唱していました。

しなかったのは、筑波大学で訳の分からないパフォーマンスをしていた渡辺だけでした。小沢なんてのは、人間として自分の存在自体がよく分からないのに、「もう、ほんとに分かりません!」と涙目になっていました。作品が分からないという前に、人間として、いえ、生物として「小沢、君がよく分からない」。

まあ、あの当時、埴谷雄高さんという高名な思想家・作家の人の「不合理ゆえに我信ず」という有名なフレーズがあって、演劇というのは、詩と時代と身体が出会う場所だと思っていたわけです。
「訳が分からないこそ面白れー!」という時代の信仰もあったのですね。んでも、今回はそうはいかないだろうと思っているので、入口をずいぶんユーザーフレンドリー(笑)にしました。でも、たどり着く『ハッシャ・バイ』の奥底は、初演以来変わっていません。訳が分からないままたどり着くか、よく分かってたどり着くか、の違いになるだろうと思っています。

どうして『ハッシャ・バイ』なのですか? とよく聞かれます。たぶん、ひとつの理由は、『ハッシャ・バイ』を書いた時代の匂いが今と似ているということです。それと『虚構の劇団』の俳優達が少しづつ成長しているので、今『第三舞台』の作品を上演したらどうなるか見ててみたいと思ったこと。で、『ハッシャ・バイ』という作品そのものが、もっともっと大きく成長する可能性があると思っていること。などなどです。

初日を迎えると、もっと理由が思い当たるかもしれません。
なんにしても、新しい劇場はワクワクするものです。
高円寺でお会いしましょう。劇場のすぐそばに、僕が大学時代通った、『桃太郎寿司』があります。安くて美味しいお寿司屋さんです。はい。

写真は、「台本が分からないので、悩んでいる三上陽永」のはずが、写メを撮って、どうも保存してなかったらしく、携帯に見つからないので、しょうがなく、またまた、作品を産んだ僕の自宅のパソコンです。「オアシス」というワープロフソトの絵です。

陽永、残念。

2009072300440000_resize2_resize1.jpg


ハッシャ・バイ 09

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月21日

どうも
薔薇よりも向日葵
焼酎よりも日本酒
HIPHOPよりもReggae
昨日よりも今日
明智よりも金田一
お金よりも愛
東よりも西
一人よりも二人
二人よりもいっぱいの人
そんな山崎雄介が送るみんなの姿

yama%20web.jpg
bee%20web.jpg
aki%20ayano.jpg
natsuki.jpg
kazuki.jpg
saho.jpg
youei.jpg
michi.jpg


ハッシャ・バイ 08

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月19日

あけましたね、梅雨
ついに折りたたみ傘から日傘に切り替えました!
日傘、初心者
大久保綾乃です

梅雨があけて夏が来ようと稽古は変わらず続いてます
稽古場では自分の出番がない時もみんなぶつぶつと台詞を頭にいれて
ひーこらひーこら休む時間はありません

それでも台詞を頭に入れ続けると、脳の中にスペースがなくなるので、
右に顔を傾け2・3回頭を振るとまた少し空間ができ、そこに新しい台詞を詰め込みます
あまり振りすぎるとこぼれてきそうです
どの台詞もこぼしたくはないものです
さらにダンスの振りをたたきこむ

今日振り付けの安達桂子さんの特技を知り合って3年目にして初めて教えて頂きました
それがこれ↓
090719_1801~03.jpg

お分かりでしょうか
ここまで猿手は初めて見ました
ひじが、ぐりーんてなっちゃってます

ひゃっ!

いやー驚きです
安達先生は登場人物の感情にぴったりの振りを毎度毎度つけて下さいますのよ
それが本当にすてきで
ちゃんと体現できるよう稽古をするんだけど
ダンスの振りがあるたびに、
母ちゃんよどうしてこどもの時に無理矢理にでも私にバレエをやらせなかったのか
わたしはそう呟きます

けれど負けませんぞ
気持ちですから

そしてそんな私の横で楽しそうにダンスに取り組む女性がいます
今回初参加の大杉さほりです
昨日のブログでさっくりと自己紹介をしている彼女ですが写真が載っていないので改めて紹介します
090719_1803~02.jpg

彼女は22歳なのにとても落ちついています
わたしも20代前半の女子のわりにはきゃぴきゃぴしないタイプなのですが、
彼女はさらにきゃぴきゃぴしません

話が合います
シュールです

まだまだ未知な彼女ですがこれから色々探っていこうと思ってます
さぁ、高円寺の劇場に向かってまだまだ稽古は続きますぜー


ハッシャ・バイ 07

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月18日

下の部屋の人が季節はずれの粉雪を熱唱しています。
はじめまして、大杉さほりです。

今回、「虚構の劇団研究生」としてハッシャバイに出演することになりました。
本番の場所は座・高円寺。
広いですねー
びっくりです。

稽古場では個性的でアクティブなメンバーに囲まれ、刺激的な毎日を送っています。
Image130.jpg

彼女はその一人。
ダンスも踊れるドラちゃん好きの高橋奈津季嬢です。

国民的キャラクターが集合してます 笑
いぃよね、ドラえもん。
映画とか、もう、予告編で泣けますもの。

皆も書いてますがハッシャバイ。劇中にカッコイイダンスがあるんです!
やー楽しい!
だがテンポがはやーい!
まわれなぁーい!
そして久しぶりに踊ったら。
ふくらはぎのうらっかわが、やーばい、やばい…………

私は断じておばさんではありませんが、
10代にはなかった長く続く…この筋肉の痛みは
私に何かを予感させました。

さて、稽古も始まって10日が過ぎようとしています。
台本の世界感や役のもつ意味に試行錯誤の毎日。
でも、それが楽しかったりするんです。

これからもっと、明確に、ダイレクトにしていきたい。
そして伝えたい。

掌は小さくても、確かに掴んだものをにぎりしめて明日もまた走り出します。
皆と一緒に。

さて、どんな世界が広がるやら。
ハッシャバイ。

一人一人の勇姿を
是非劇場でご覧下さい。


ハッシャ・バイ 06

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月17日

今日のブログを担当しますのは、
稽古場まで自転車でえっこらよっこら通っている高橋でございます。

自転車で通うというのは高校以来ですね。
かかる時間も自転車も高校と変わらない。
ただ…バテるのが早くなった。
稽古場に着く頃にはいい汗かいてます。

いったん疲れたあと、本日も昨日に引き続きダンスレッスンがありました。
てか、昨日のブログにダンスがあったって書いてませんでしたね。あったんです。
さて、今回ダンスレッスン多くね!?と思ったでしょ?はい、私達も思ってます。

レッスンが多い秘密は……
そう、レベルが上がっているのです!!

振りが難しいというのもありますが、今回はなんといっても皆の息が大事。
男5人息を合わせてやらなきゃいけないところが。
まだごちゃごちゃしてますが揃うとなんとも面白くて愛くるしいんです。
直接はお見せできませんがあえてお見せするならこんな感じでしょうか。

090717_2044~0002.jpg

ダンス以外でも息ぴったりなとこ見せつけてやりますよ!


ハッシャ・バイ 05

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月16日

虚構の劇団の稽古場ブログを楽しみにされているあなた。
その人指し指によるクリック運動にまずはソーリー。
なんと画像入手を怠ったため本日の稽古場ブログ更新できず。
うっかりって怖いね!!

「不祥事の際は大抵謝罪すれば六割方は許され、九割方は時間が解決してくれるだろう」
と高を括っている渡辺芳博です。

稽古が着々と進行するにつれ、稽古場の空気もどんどん密度を増してきましたよ。
そんな稽古場の濃密な空間の中では、台本をめくる、ノートにメモをする、
目にかかる前髪を左から右に流す。この三点でオイラ手一杯なのさ。
写真撮り忘れてごめんね!!

とまぁ稽古場ブログ当番と思い出した時には稽古も終わってしまいまして。
ひとまず誠意をみせねばと、タラタラと何となく書いてみたが……
ここまで読んで頂けてありがとうございます。

なんてね。

稽古場だけが稽古の真骨頂じゃないんだぜ。
「書を捨てよ町へ出よう」と寺山修司が言うならば、
「台本を捨てよ夜町へ出よう」の理論だぜ。
実際、台本捨てたら殺されちゃうけどね。

この場合は「謝罪で六割方は許される」わけないよね。
さて、ここまで本当に然したる内容もないまま文章が進んできましたが、
取り敢えず今日、飲み会があったってことです。

久々の劇団飲み会。

いやぁ私事ですが、この飲み会があって本当に体裁を保てました。
やっと今日のブログのテーマに辿り着きました。

稽古が始まってから全員での飲み会ははじめということで、
今回の作品について役者陣は、
あーでも無いこーでも無いと語る……ワケでもなかったです。

なぜか12月に合宿するかどうかの検討から始まり、
スキーか温泉かということになり、二泊か三泊かということなり……
ハッシャバイ初日を三週間後に控えているとは微塵も感じない夢のような時間でした。
おっ!?夢といえばハッシャ・バイ。

そんな中、話題は「劇団員おバカ格付け」になりました。
劇団員の一人一人が自分の価値基準でおバカランキングを発表し合ったのですが、
あらゆる価値基準の中で常におバカ第一位にランキングされた究極のおバカがいました。
こいつの凄いところは自分のランキングでも自分を一位にしていたことです。
筋金入りだなぁと感心しました。

調子にのって「一番エロいランキンング」もやってみました。
これは男優女優ごっちゃ混ぜにしての格付けです。

男優陣はなぜか自分が一番エロいのだと誇らしげに言い張りました。
女優陣もなかなかのもんでした。

何か判んないけど「なかなかのもん」だったのです。
(だんだん文章が「ですます調」になってきて、なんかおバカで呑気なブログになっているなぁという気がしています。)
こうやってお互いを格付けしあって、ぎゃぁぎゃぁ騒いでいられる雰囲気。
いいんじゃないでしょうか。
虚構の劇団、始動して三年目に入ったのかな?
いい感じです。
そして劇団としての芝居が出来つつあります。
さぁ明日からも怒濤の稽古の続きです。
09-07-16_21-54.jpg


ハッシャ・バイ 04

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月15日

どうも、三上陽永です。

今日の稽古場ブログは私です。
えー、今回は最近虚構でひそかにブームになっているモノを紹介します。
これです。

200907131555000.jpg
『いろはす』っていう、お水です。

なんか、エコボトルとかいって、飲み終わった後、クシャッって潰せるのが魅力らしいです。
俺は、その魅力がまったくわかりません。
水は水だろ・・・なんて思ってます。

200907131552003.jpg 200907131555001.jpg

さて、今回の舞台は『夢』がキーポイントとなるわけですが、最近よく変な夢を見ます。
変な夢ってホントに疲れます・・・あまりに印象に強い夢を見ると、夢から覚めてもその夢の世界に半分浸っていて、夢の感触とかその時感じた気持ちなんかも生々しく覚えていたりします。
不思議な感じです。

これはそんな最近よくみる変な夢シリーズの一つ。。。

目が覚めると見知らぬ部屋にいた。
まったく見覚えがない。
うん?なんか変な感じだ・・・
自分の目を通して周りの風景をみているというよりは、
何か着ぐるみに入って覗き穴から周りをみている感じ。

しばらくすると、知らない人たちが部屋に入ってきて、何やら話かけてくる。
どうやら俺は、この辺の治安を守る特殊能力を持つ、隠れたヒーローらしい。
夢の中の自分は恐ろしく理解が早い。

なんの違和感もなく、俺はそのヒーローの体の中に入りこんでしまった三上陽永である事を理解し、受け入れた。

落ち着いて考えると不思議すぎるのだが、そこは夢。
もの凄くすんなりと状況を受け入れていく。

で、ヒーローにはヒロインがつきものなのだが、おそらくヒロインだろうと思われる、
めっちゃ綺麗な女性が部屋に入ってきて、話かけてくる。
しかも・・・もの凄い無防備な格好で。

夢の中の俺はまたすぐに状況を理解する。
彼女はおそらく自分とはそこそこ仲がいい。
ま、でも恋人という感じではなく・・・幼なじみ?

金田一少年と美雪、もしくは仮面ライダーと後々恋に落ちていくヒロイン的な・・・
とにかくそんな一番楽しいじゃんこの状況は!羨ましいわぁ~と
テレビをみて思う状況に自分がいる事を、ほんの数秒で理解する。

ドキドキした。

うん、今考えると知らない人の体に自分がはいってる事がドキドキのはずなのだが、
夢の中では彼女が見ず知らずの自分に、めっちゃ仲のいい、
しかも絶対この後君たち恋に落ちるよね!?

って状況で話し掛けてくる事にドキドキしてしょうがなかった。
彼女は、ゆるーい感じの短パンに、Tシャツを着ていている。
しかも、可愛い。
あ、し、しかも!お風呂あがりっぽい・・・

一応確認しておくが、これは俺の妄想ではなく、夢だ。
彼女は、次に戦うであろう敵とどうやって戦って行くべきか?という話をしている。

あ~でも君が話かけている相手は、実は君とはあった事もない俺なんだよ!
あ~なんてドキドキするシチュエーションなんだ!!
夢の中の俺は思う。

どうしよう。彼女が急に愛の告白をしてきたら・・・
俺は、そのヒーローになり変わって彼女と付き合ってもいいのだろうか!?

あ~まさに葛藤です!
鴻上さん!これこそ葛藤です!

僕は今、目の前のめっちゃ綺麗な女性と普通に会話をしながら、
しかし別であるという葛藤の中、男なら誰しも持ち合わせているであろう下心とも葛藤しつつ、
この深夜のアニメのようなシチュエーションの夢はどんどんエスカレートしていきます!

あ!彼女がいつもと様子の違う自分に気付き、近寄ってきた!
うわっ、うわっ、どうしよ~!!

・・・というところで、目が覚めるのです。
これは、あくまで夢であって、俺の妄想ではありません。

あしからず。


ハッシャ・バイ 03

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月14日

7月14日(火)
今日からついに梅雨が明けましたね。

ジメジメからムシムシへ。本格的な夏が始まります!
くれぐれも、かき氷の食べ過ぎには注意しましょう!

どうも、麦茶の飲み過ぎにより腹を下している、杉浦一輝です。

さてさて、本日の稽古はというと、自主練!!
自主練!!

実にスマッシュな響き。
簡潔に説明しますと、各々(おのおの)が各々と各々で………てな感じです。
「おまえの人差し指、オレの人差し指より長いな……」

20090714145733.jpg

ではなく、近くのカフェに行き、台本と格闘している人や……
「光を吸収してるの。つまり、太陽光発電みたいなものさ!」

20090714180351.jpg

ではなく、休憩もかねて、ヨガマットに寝そべりリラックスしながらセリフを読む人……
そんな感じで、それぞれの相手とディスカッションしたり、セリフを合わせたり、
動きを研究したりと、この作品をよりいいものにするため、
みんな必死の創作闘争をくりひろげています。

お腹が空いたら、こんな感じ。
20090714171426.jpg

うまいもんガッツリ食って、脳みそフル回転!
ん?写真に写ってるのはまた三上陽永。

サービス精神旺盛ですね。
肉食ってエネルギー全開!
このエネルギー、本番までさらに膨らませて持ってきますよ!

では!!


ハッシャ・バイ 02

第3回公演/ハッシャ・バイ 2009年7月13日

7月13日(月)

みなさん、こんにちは。小沢道成です。

今日は、ダンスレッスンの日でした。
振付けの安達先生とは、準備公演から数えると4回目。
ダンス初日は、まずストレッチから始まります。
なんと、1時間ストレッチ!1時間ですよ、1時間。
そのうちに、心地よくなってくるのですが、その後に自分にとっては地獄が。
腹筋、背筋、腕立て…辛いです。
でも、ごめんなさい。みんなが見ていない隙に、少し休んでいました。
その後は、練習用のダンスの振付け。
まぁ、みんながどれぐらいレベルが上がったかの確認みたいなもの。
それが、にゃんと、みんなの振付けを覚える速度が確実に上がっているじゃないか!
これまた、楽しくてカッコいいセクシーな振付けなんです。
あとはどれだけ格好良く踊れるかが課題だな…頑張ろう。
IMG_2319.jpg
これが、本番会場である「座・高円寺」。
今年の5月にできたばかりで、とっても素敵な劇場でした!
なんか、お芝居をやるにはぴったりというか、幻想的な空間なんです。どこもかしこも。
8月にはここで幕が開くんだと思うと、ワクワク。
高円寺に、「佐世保バーガー」があるという情報もゲットしたから、絶対に行かなくちゃ!
中野のポケットでやった時に、はまったバーガー屋なんです。美味しいっすよ。

虚構の劇団版ハッシャ・バイ。
初演が1986年。僕と綾乃が1歳。まだ産まれてないメンバーもいるんですよね。
なんか不思議な感じだな。
ちなみに、ただの再演にはなりませんよ。ぐふふ。
最近のお芝居では観られないような、面白い作品に仕上がりそうです。
本番まで、あと25日。


1 ... 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 ... 61