グローブ・ジャングルを、数える

第1回公演/グローブ・ジャングル 2008年4月10日

kazuki.jpg
はい、「グローブジャングルの歩き方」二日目でございます。
ちなみに写真は元ネタ、『地球の歩き方』を持っているかずき君ですなー。

今回は、数えましょう、はい。
稽古がはじまったばかりの二日目、グローブジャングルを創ってるのは何人なのか?
それをガイドいたします。

案内人はクマ夫(演助助)です。

劇作家さんが一人おります。
やっぱり、物語がないといけません。
演出家さんが一人おります。
うーんと、こう、オーケストラで例えると指揮者です。
ちなみにグローブジャングルは、劇作家と演出家は同一人物です。

役者さんが九人おります。
えーと、楽器たちですね。さまざまな個性的な音色を奏でてくれます。
なぜ僕は音楽に例えてるんだろう?

舞台監督さんが一人おります。
その名のとおり、舞台の監督です。小道具や大道具、
ステージの造りや仕掛けなど様々な演出を演出家と共に作り上げます。
みんなにTシャツをくれたりもします。

美術さんが一人おります。
素敵な舞台にするために、舞台監督さん、演出家さんと尽力しています。

音響さんが一人おります。
こちらもまた、あなたに聴覚で痺れてもらうため、演出家さんと尽力しています。

演出助手さんが一人おります。
役者さんたちのスケジュール管理や、音響さん、舞台監督さん、美術さん、
そしてもちろん演出家さんのお手伝いをします。爪がすごい姉御です。

制作さんが二人おります。
かわいいおねえさんたちです。

演出助手助手さんが二人おります。
一人は日誌初回の福子さん、これがまたいい娘ですねえ。
あ、ちなみに僕もここです。演助助。

プロデューサーさんが一人おります。
お金のない若手陣に食料を供給してくださいます。大ボスです。

以上がこれまで稽古場で、グローブジャングルを創っているひとたちです。

19人でした。

これからさき、照明さん、衣装さん、映像さん、音楽さん、ダンスの先生、元校長先生・・・
まだまだ増える予定です。

なにより劇場で、あなたとグローブジャングルを創るために、みんな命を削っております。
比喩じゃありません。命を研いでいる音がします。

そんな稽古場です、お楽しみに。


グローブ・ジャングルを、始める

第1回公演/グローブ・ジャングル 2008年4月8日


今日から始まりました!
虚構の劇団旗揚げ公演「グローブ・ジャングル」の稽古場日記。

トップバッターは‥
初めまして!
「虚構の劇団」の劇団スタッフとして奮闘中!!福子です。

前回の、旗揚げ準備公演「監視カメラのアリア」の稽古場日記に続き、
今回も何かテーマを決めて書きたいと思い考えたのがこちら!

グローブ・ジャングル。
彼らは、また旅にでる。

旅‥旅‥旅‥

旅!!

『グローブ・ジャングルの歩き方』!!

稽古場日記を、旅ガイドブック風に書いていこうと思います。
タイトルが目次にあたります。
今回は最初ということで「始める」でした!

ということで、今日から劇団員が「グローブ・ジャングル」の旅へご案内いたします。
これから本番まで「グローブ・ジャングル」のガイドブックとして、読んで頂けたらと思います。


虚構の劇団公式ページ

劇団公式ページ 2008年4月8日

虚構の劇団公式ページは、こちらです!


劇団公式や劇団員ブログなど

リンク 2008年4月7日

<虚構の劇団公式ページ>
虚構の劇団 http://kyokou.thirdstage.com/
<劇団員個人ブログ>
小野川晶 あきかぜ日記
杉浦一輝 杉浦一輝の今夜は水割りで。
三上陽永 みなさまアザース!
サードステージ http://www.thirdstage.com/


虚構の劇団 旗揚げ公演『グローブ・ジャングル』

今までの公演 第1回「グローブ・ジャングル」 2008年4月1日


「虚構の劇団」旗揚げ公演 『グローブ・ジャングル』

globe%20jungle.JPG

彼らは、また旅に出る。

人々が語り伝えた物語を、次の誰かに受け渡すために。
突然現れて、風のように語り、そして、去る。
~グローブ・ジャングルとは、公園にある丸い形をしたジャングルジム。
骨組みだけの地球を表すこの遊具は日本人が発明した。
公園で、今日もぐるぐると複雑な地球は回されることを待っている。~

(ごあいさつ)

そんなわけで、とうとう旗揚げの季節がやってきました。
稽古を続けながら、しみじみと、「ああ、僕は若い俳優が育つのを見るのが好きなんだな」と思っています。
それから、「ああ、やっぱり今を描く作品を書きたいんだな」とも思っています。

旗揚げ準備公演に続いての新作です。

こんなに短い時間で新作を書いたのは、ものすごく久し振りです。
まるで第三舞台の旗揚げからしばらくの感覚です。
前回の新作『監視カメラが忘れたアリア』では、まさに監視カメラに焦点を当てました。

今回は、二つ。

ひとつは、ネットという巨人にフォーカスを。
善意と悪意が実体化して、人間がどこまで最低になれるかの実験を続けているのネットですが、
それでも、ここではないどこかで、あなたではない誰かと出会う可能性を秘めているのだと思います。

もうひとつの焦点は、ロンドンです。
ロンドンで日本を感じ、ロンドンで日本の民話を感じ、
ロンドンで幽霊を見ることのできる女性が人探しをします。そんな話です。
よろしければ、旗揚げの目撃者になっていただければ幸いです。

ここから、きっと日本の演劇の未来が始まるんだ! なんていうものすごい意気込みで上演します。

それでは、劇場で。んじゃ。

鴻上尚史

 

〈公演概要〉
作・演出:鴻上尚史
出演:大久保綾乃、小沢道成、小名木美里、小野川晶、杉浦一輝、                                     高橋奈津季、三上陽永、山崎雄介、渡辺芳博

⇒稽古場日記『グローブ・ジャングルの歩き方』は、コチラ
公演日程:2008年5月10日(土)→5月25日(日)

 

  5/10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
開演時間
14:00      
       
     
19:00                    
19:30            

会場:シアターグリーン BIG TREE THEATER


一人芝居プロジェクト’08 

今までの公演 2008年1月23日

『虚構の劇団』旗揚げにむかって、スタジオ生が一人芝居を発表します。
脚本・演出、もちろん出演も、すべて役者ひとりで行います。
与えられた時間は、ひとり20分。7人の役者による、7つのストーリー。
あなたが気になるストーリーを、見つけに来てください。

■公演日時:

2008年2月23日(土)13:00(桜組・梅組)/17:00(梅組・桜組)

2008年2月24日(日)13:00(梅組・桜組)/17:00(桜組・梅組)

※出演者が桜・梅の2組に分かれ、休憩を挟んで上演いたします。
(公演毎に、2組の上演順が異なります。)
※ 上演時間は、約150分を予定しております。(幕間休憩15分)
※ 受付開始・開場は、開演の30分前となります。
※ 当日券の受付は、開演の30分前から開始いたします。
(なお、当日券の場合、客席へのご入場は開演10分前からとなります。)

■出演:
桜組:小名木美里、三上陽永、小野川晶、小沢道成
梅組:杉浦一輝、高橋奈津季、山﨑雄介

■監修:鴻上尚史

■会場:「SPACE 雑遊」
(都営新宿線・東京メトロ丸の内線「新宿三丁目」駅C5出口目の前) 
新宿区新宿3-8-8新宿OTビルB1F

TEL:090-8846-5379  http://www.chirinbou.com/


ご来場ありがとうございました!

今までの公演 準備公演「監視カメラが忘れたアリア」 2007年12月11日

虚構の劇団旗揚げ準備公演「監視カメラが忘れたアリア」、無事に千秋楽を迎えることができました。
ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました!

次回公演は、2008年5月に池袋シアターグリーンBIG TREE THEATERにて旗揚げ公演を行います。
また、2008年2月下旬に劇団スタジオ生による「一人芝居プロジェクト‘08」も行う予定です。

詳細決定次第、虚構の劇団HPでお知らせいたします。


小沢道成

俳優部 2007年11月8日


小沢道成 (おざわ みちなり)
1985,10,17生まれ
京都出身
twitter_follow.png
所属:サードステージ
プロフィールはこちら


小野川晶

俳優部 2007年11月8日


小野川晶 (おのがわ あき)
1987,11,26生まれ
栃木県出身
個人ブログ:あきかぜ日記
twitter_follow.png
所属:サードステージ
プロフィールはこちら


三上陽永

俳優部 2007年11月8日


三上陽永 (みかみ ようえい)
1983.6.12 生まれ
青森県出身

個人ブログ ⇒三上陽永☆みなさまアザース!
twitter_follow.png
所属:サードステージ
プロフィールはこちら


1 ... 51 52 53 54 55 56 57